一度で済ませたいなら弁護士に相談(男性/30代)

男性/30代私は消費者金融2社、銀行カードローン1社、クレジットカード2社から合計600万円借りていました。

毎月の返済額が15万円となり生活が苦しい状態が続いて、元金がなかなか減らずに困っていました。
そして、体調を崩して1週間ほど寝込んでしまい、収入が目減りした時についに滞納する形になりました。

これはいよいよ危険と判断して、借金解決のために弁護士に相談してみました。

なお、銀行カードローン1社は滞納が3ヶ月目に入った途端に、
保証会社として付いている系列の信販会社へ肩代わりさせる手続きを取ってしまいました。

そのため、突然保証会社から裁判を起こす前の債務名義を取るための督促が裁判所から届きました。

地方裁判所の裁判が絡むと司法書士では対応が難しいという判断が容易にできたので、
制限なく対応可能な弁護士に依頼しようと考えました。

弁護士の先生にしっかりと状況を説明したところ、自宅が賃貸であり車も所有していないことに加え、
生活費のための借入でギャンブルとは無縁なことから債務整理を選択するのが最適という判断でした。

家族には心配をかけたくなかったので、こっそりと手続きを進めて頂きとても助かりました。

また、弁護士から債権者へ受任通知を発送してことで督促が止まったのが生活を安定させる上で一番嬉しかったです。

借金の悩みを解決するなら

イージス法律事務所

イージス法律事務所
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし

債務整理で生活が楽に

明るい未来のための債務整理

返済しきれないほどの借金を抱えて途方に暮れていた人でも、
債務整理によって借金生活から解放された人はたくさんいます

弁護士、裁判所と聞くとそれだけで尻込みしてしまう人も多いですが、
債務整理に対する理解を深めれば深めるほど、何も恐れることはない手続きであることが分かるはずです。

借金から解放されれば新しい人生をスタートさせることができます。

実際、債務整理をした人のほとんどがもっと早く相談すれば良かったと言っています。
借金の額や借入先によって選ぶべき債務整理の方法は異なります。

自分がどこからいくら借りているのかさえ分からない、という人でも心配は無用です。

支払いを滞納している債務も含めてまとめて整理することができますので、明るい未来に向けて一歩踏み出しましょう。

状況によって適した債務整理を選択

弁護士に債務整理を依頼すると翌日から督促が止まり、返済も一時的にストップすることになります。

弁護士が債権者に対して受任通知を出すからですが、これだけでも債務者にとっては精神的な負担の軽減になります。
債務整理の手続きの途中であっても、取り立てと返済が止まるところがポイントです。

どのような債務整理をしていくかは、債権者に受任通知を出した後でゆっくり考えることも可能です。

収入がなければ自己破産しか選択の余地はありませんが、安定した収入があれば、
任意整理やマイホームを手放さない民事再生も可能です。

また、20%を超える金利で長く取引をしていた業者がある場合は、
過払い金として払い過ぎた利息を取り戻せる可能性があります。

過払い金があれば、債務を大幅に減らすことができます。

自分でするには労力と専門的な知識が必要

債務整理を弁護士に依頼せずに、自分ですることももちろん可能です。

しかし、相当な労力が要ることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
また、裁判所を通す手続きでは専門的な法律の知識も必要になります。

例えば、自己破産では免責を認めてもらうために裁判所に陳述書を提出するのですが、書き方にコツがあります。

法律家のアドバイスなしに作成するのは簡単ではありません。
陳述書の内容次第では、免責が認められないこともありますので、やはり弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

債務整理が勤務先にバレるのではないかと心配する人も多いですが、
勤務先からの借金がない限りバレることはほぼありません。

自分で手続きをすると自宅に裁判所からの通知が届いたりしますので、そこから家族にバレることはあり得ます。