融資が返済できない場合にするべきこと

主婦が生活しながら借金返済した話(女性/50代)

女性/50代借金をすることが怖かった私はローンを組まずに生活してきました。

しかし、息子が私立高校に進学したため、
より多くのお金が必要になりローンを組むことにしました。

夫は事務職員として正社員で雇用されていますが、
生活が苦しくなったため私もパートに出ることにしました。

パートに出て3ヶ月後、恥ずかしながら私は過労で入院することになりました。

同じ頃に夫の会社も不景気で減給されてしまったため、融資されたお金が従来通り返済できない状態に陥りました。
そこで、ネットで見つけた債務整理の方法を無料診断できるツールを使ってみることにしました。

診断の結果、私は任意整理という形で借金を返済していくことにしました。
私の体調も良くなりパートに復帰できるようになったため、返済もスムーズに行えています。

もし借金の額が減らなければ、例え私の体調が回復しても生活は破綻していたと思います。

今息子は大学生になり、自分の夢に向かって毎日アルバイトをしながら生活をしています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

大切なのは判断するタイミング

無理のない返済計画

法人企業であれば融資は珍しいものではありませんが、個人でも何らかの融資を受けることはあります。

多くの場合には一時的にまとまったお金が必要であったり、または病気や失業などやむを得ない事情を伴いますが、
そんな時こそ借りる時点で無理のない返済計画を立てておくと良いのです。

しかし、実際に借りる時にはできるだけ早期の返済を考え、月々の返済額を高く設定してしまう人も多いものです。

返済は余裕ができた時にいくらでもまとめて一括完済が可能です。
困窮している時には金利とのバランスを考えながら、家計に負担しない無理のない返済額で組んでおきましょう。

それが崩れてしまうと家計の圧迫を招いて生活に支障をきたすだけでなく、最悪の場合返済できない事態にもなります。

きっかけやタイミングを見逃さない

融資の返済に無理を生じてしまい、家計にも余裕がないと感じた時が落ち着いて考える良いきっかけでもあります。

このタイミングを見逃してしまうと、最悪返済できない事態に陥ってしまいがちです。
多くの人が実はこのタイミングに気づけないものなのです。理由は簡単で、うまく返せると考えてしまうからです。

中には他から新規に融資を受けて返済に充ててしまう人もいます。

これは金利の低いものを借りることで金利の高い借金を全額返済できる場合には良い方法ですが、
これをすることで全額返済が見込めない場合には逆効果になることが多いものです。

つまり、返済を増やしてしまうだけになります。

借金の問題を適切な段階で解決するには、返済で家計が回るかどうかの判断が重要です。

早期に専門家に委ねる

融資が返済できないと判断したら、早速次のアクションを起しましょう。

残金が年収のおよそ5分の 1を切っているか、返済期間が残り1年以内になっている場合には
返済計画の組み直しを申し出るのも一つの手です。

しかし、これは場合によっては危険で、素人では交渉できないことも多々あります。

カード会社などの場合には、まずカードの使用停止は余儀なくされます。
素人が交渉することで逆に悪化する場合も考え、専門家である弁護士に相談するのが賢明です。

いずれにしても融資の返済が困難になればカードの使用停止は免れません。

ならば、早い段階で弁護士に依頼して適切な措置を取ってしまうほうが安全なのです。
何よりのメリットは嫌な交渉をすべてやって貰えることです。そして返済や督促が止まるのは大きな安心です。