バンドマンの私が群馬で自己破産するまで

バンドマンの私が自己破産するまでを洗いざらい話します(男性/20代)

男性/20代幼少のときから楽器が好きな私は群馬の高校卒業したあとは、アルバイトをしながらバンド活動を続け、まずはインディーズデビューを目指していました。

実家暮らしなので家賃には困りませんでしたが、稼いだお金はほとんどがギターに消えていき、自主ライブでは会場を借りための費用で、メンバーはほとんどがカードローン生活をしていたと思います。

バンドの結成から5年たったある日、メンバーの一人が借金でもうバンドを続けられないと言ってきました。

金銭的にギリギリの自分たちに残されたのは、個人の多額の借金だけでした。
そのうちの一人は借金の取り立てがきつく、いまの家にいられないと言っていたほどだったのです…。

私たちは再起を約束し一度解散することにしました。

わたしも状況は一緒でカードローンでの借金は500万になり、
そのうちの1社からは催促の電話が頻繁にかかってきました。

このままでは、実家の親に借金のことがバレるかもしれないと仲間に相談したところ、
任意整理の話を初めて耳にすることになります。

メンバーの一人に弁護士事務所を紹介してもらったので、半信半疑のまま無料相談にも出かけましたが、
任意整理の方向で話を進めてもらうことになり、生活も落ち着きました

まだ20代でこれほどの借金をしてしまったのは反省すべきだとは思いますが、夢はあきらめていません。

借金の返済を続けながら、無理のない範囲で地道に活動を続けていこうと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

群馬で債務整理をする場合はどうしたらよいですか?

私の住まいは群馬でしたので、弁護士事務所は決まったところに限られるのではないかと考えていました。

仲間たちも全員群馬に住んでいたので、紹介してもらった弁護士事務所も通いやすい場所にある評判の事務所でした。
ネットで検索してみると群馬でも多くの弁護士事務所があることも分かりました。

相談は何度でも無料ということで、何度も不安な点を相談させてもらいました。

仕事があるときはメールでの相談も何度でも無料ということだったので、こちらもかなり便利と感じた点です。
事務所によっては無料相談は1度までというところも多く、よい弁護士事務所を紹介してもらえて本当に良かったです。

自己破産せずに済んだ理由は何ですか?

債務整理の手段は自己破産だけではありません。

自己破産は自身の財産を借金の返済に充てられる可能性があり、
私は楽器という生き甲斐を手放したくなかったのでその手段を選びませんでした。

返済できる額であるかどうかで、自己破産をしなくてよい充分な理由になり得ます。

自己破産せずに済んだのは、3年間で借金を返済できる能力があると判断されたのが
一番の要因だったと弁護士の方が教えてくれました。

アルバイトでもフルタイムで勤務をすることで正社員まで届かないまでも、
ある程度まとまった収入をコンスタントに得ることができます。

職場で事情を話したところ、契約社員という形で採用してもいいと言ってもらえ、
将来に向けて貯蓄もする余裕ができました。

夢を叶えるためには運と努力とお金が必要だということを、債務整理を通して教えてもらった気がします。

任意整理と自己破産はどう違いますか?

任意整理と自己破産はおなじ債務整理の手段です。

自己破産は清算型の借金解決の手段であるのに対して、
任意整理は計画的に借金を返済するという債務整理の方法です。

自己破産では、借金を全額免責されるというメリットがありますが、リスクもそれなりに追うことになります。

親元で暮らす私が両親に頼るという手段があったのは言うまでもありませんが、
夢をあきらめて就職をしろと言われるのが目に見えていたので、一人でなんとかすると決めていました。

任意整理という方法をとったことで、自分自身の責任を果たせるような気もしました。

自分自身がこのことを教訓にしたいと思ったし、自己破産は官報に掲載されるので、
公務員の父が目にしたら大変なことになっていたと思います。

私の場合は自己破産に至らずに済んでよかったです。