弁護士事務所で自己破産の相談をした体験談

夫の事業が失敗して自己破産になりました(女性/40代)

女性/40代結婚後に夫が事業を始めると言いだし、私自身も協力することになりました。

最初は安定した経営を行っていて利益も出ていましたが、
事業を拡大するために銀行から資金調達をした時から雲行きが危うくなったのです。

少しずつ利息に苦しむようになり、
生活費の工面ができずにカードローンでお金を借りるまでになりました。

その結果、かなり追い詰められた状態になり、事業を続けることができず倒産も考えていました。
ただ、倒産するためにも費用が必要でどうすればいいか困り果ててしまいました。

そこで、知り合いの弁護士事務所に相談しに行ったのですが、債務整理を勧められて、
現在の状況を考えると自己破産しかないという結論に至りました。

既に倒産が決まっていて持ち家はなく、自動車や他にも資産価値のあるものは
すべて借金返済のために手離していたので、今さら失って困るものはありません。

そういったことから正式に手続きを依頼しようとしましたが、メリットがあればデメリットもあって、
大変なのはクレジットカードなどが作れなくなることと、ローンが組めなくなることでした。

ただ借金は莫大な額ですし、仕事に関しても続けることができなくなるので受け入れました。

その後、弁護士の先生がすべて手続きを行ってくれて、住まいも家賃の安い物件を紹介してくれて、
生活の再建も手伝ってくれたので、自己破産という不安を少しだけ前向きにとらえることができて感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産で解決できる場合とできない場合

貸金業者からの借金が増えてしまった時の解決法

資金不足に陥った時には、貸金業者から借り入れをすることは珍しくありません。

日本全国の様々な地域で貸金業者から融資を受けている人はいると言われています。
貸金業者から借り入れをした場合であっても、毎月の収入の範囲内で計画的に返済をできていれば問題はありません。

しかし、借り入れた金額が大きくなってしまった時には、返済を継続できなくなることが考えられます。

収入の範囲で毎月の返済ができない時には、夜逃げや他の金融業者から借り入れをすることを選択する人もいますが、
法律的な方法で解決を図ることが可能なことを知っておくと便利です。

多額の借金を抱えている時には、弁護士事務所に相談することで自己破産によって解決できる場合があります。

自己破産というとマイナスのイメージを持つ人もいると言えますが、
国が用意している制度ですので安心して活用することができます。

収入の無い債務者であれば自己破産を選択することになります

弁護士事務所に相談することで、自己破産以外の債務整理について勧められることも考えられます。

債務整理には任意整理や個人再生の手続きもあるために、一定の収入を得ている人であれば、
これらの手続きを行うことで借金額の減額を成功させて完済を目指す解決法もあります。

ただし、一定の安定した収入を得ていることが手続きを成立させるための条件となりますので、
収入が無い人であれば自己破産を行うしか借金問題を解決できないケースも存在します。

自己破産は地方裁判所に申し立てをして破産の宣告をした後に、裁判所によって債務者が返済不能であることを認めた時には免責が成立して、抱えているすべての借金の返済義務が帳消しになります。

返済義務が無くなる一方で、現金や価値のある財産を手放すことになりますので、
一定の資産を有している人の場合には十分に検討してから手続きを始めるか決める必要があります。

借金の理由によっては裁判所の免責が認められないこともある

弁護士事務所に自己破産の依頼をする時には、
財産をほとんど保有していない時であれば、20~30万円の弁護士費用を支払います。

自己破産の依頼を弁護士に行うと、その時点で貸金業者に受任通知を発送してもらえますので、
厳しい取立をストップさせる効果があります。

破産が成立した時であっても、税金や光熱費、損害賠償金などについては支払いを免れることはできません。

また、借金の返済義務を帳消しにしてもらうには、裁判所の免責許可を受ける必要がありますが、
借金が増えた理由がギャンブルや浪費であった時には免責許可が下りない可能性があります。

自分の借金について免責を受けられるかどうか不安を感じている時には、
手続きを正式に進める前に弁護士に相談して聞いておくことがおすすめです。