定年後の燃えつき症候群で借金まみれ。山口で借金相談

定年後の燃えつき症候群で遊びに走り、借金地獄です(男性/60代)

男性/60代会社一筋40年、なりふり構わず走り続けてきました。

長いようで短いような企業人生だったと思います。
大きなプロジェクトでは何日も家に帰れないこともあり、激務そのものでした。

それでも、妻がしっかりと子どもたちを育ててくれたおかげで、子育てもひと段落したところです。

そんな定年後には、刺激のない日々が待っていました。
そんな退屈にうんざりした私は、突然クルーザーの購入を思いついたのです。

いざクルーザーを買うと、誰かに自慢したくなりました。

行きつけのクラブのママを乗せ、山口の海を走ったこともあります。
ママにはそれなりの振る舞いが必要で、高級な酒やケータリングの食事は思いのほか大きな出費になりました。

週末ごとのクルーズパーティーは学生時代に戻ったかのように盛り上がりました。

その一方、私はとうとう貯金を使い果たし、カードローンに手をつけるまでになっていましたが……。
これまで真面目に仕事をしてきた反動は、私を別世界にますます溺れさせたのです。

借金は想像以上に膨れ上がり、いよいよ返す当てもなくなりました。

この時になってようやく焦り始めた私は会社員時代の知り合いに弁護士がいたことを思い出し、連絡をしてみたのです。
すると、弁護士からすみやかに債務整理をするように勧められました

もちろん、すぐにお願いしましたよ。債務整理のためにクルーザーを手放し、元の職場の紹介で再就職を決めました。

借金の返済は、もうすぐ終わります。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

山口県で借金の相談ができるところはありますか?

私は定年後に東京にある自宅を引き払い、山口にある実家に妻と帰ってきていました。

したがって、債務整理をするなら、山口でも対応できるかどうかを重視していました。

ネットで見つかる法律事務所の中には、山口にいても相談をメールでも受け付けてもらえて、
出張での相談をできる
ところもあります。

地方に住んでいる人の場合は、出張相談を利用するケースが多いようですね。

山口県のホームページでは、山口県弁護士会の窓口を検索することができるようになっています。
日本には、様々なことで借金を抱える人が多くいます。一人で悩んでいても、時間だけが過ぎていくだけです。

思い切って借金相談しましょう。

住まいが地方だからといってあきらめず、インターネットを有効に活用するのも一つの手ですよ。

借金を相談するタイミングはいつですか?

債務整理と聞くと敷居が高いイメージで、どうしても私のような素人は敬遠しがちです。

そうはいっても、金利ばかりが膨らむ借金という逃れられない現実があります。
今まで何とか払えていた借金が、今月はもうダメだ……と思った時、サラ金に手を出すのはあまりに危険です。

自転車操業状態を自力で終わりにするのは、非常に難しいですよ。

目安としては借金を返すために借金をするようになった時が、弁護士に相談するタイミングと考えてよいでしょう。

借金返すための借金に、決して終わりはありません。自転車操業が当たり前になると、金銭感覚はもう破壊されています。
本来の自分自身を取り戻すには、弁護士に相談する機会をなるべく早く作ってください。

この先、高い金利を払い続けるよりも弁護士への報酬のほうが、はるかに安価であるはずです。

定年後に無職でも債務整理は可能ですか?

近年では年金の受給額も減少傾向にありますので、
贅沢な生活していなくても生活が厳しくなり、債務整理を行う高齢者も増えています。

定年後の年金受給者も債務整理は状況に合わせて行うことが可能です。
高齢の場合、急な医療費を作るために借金してしまうケースもあります。

私はまだ60代ですが、70代・80代になるとガンのリスクも高くなっていきます。

そんな時、「年金で融資します」という話に乗ってはいけませんよ。
年金は老後のための資金として、確保しておくことが基本です。

もし急な資金が必要になった場合は年金担保融資制度で、金利が優遇された融資を受けることも可能です。

市役所・役場などでもこのような相談に応じてくれるところも多くありますので、
一度冷静になり、大切な年金を手放すことがないように気をつけたいですね。