多重債務は一本化するより、債務整理で解決を

多重債務で夫婦の危機……。どうしたらいい?(女性/30代)

女性/30代私は昔からあわてんぼうと言われています。

それでも夫は私の天真爛漫なところが好きと言ってくれ、30歳の時に結婚しました。
私が夫の借金のことを知ったのは3年前。

家に頻繁に届く、なにやら怪しい封書について尋ねたのがきっかけでした。

彼の借金は結婚前からだと言い、その額も膨らんでいるらしいのです。

夫は何とか借金を減らそうと、少しでも金利の安い会社から
借り変えを試みたりして、それはもう必死でした。

私も彼の一生懸命さを側でみていたので、今度は二人で借金を返す生活が始まりました。

夫婦で返済を繰り返すうちに、いったい何社から借りて、
どこに返済しているかも分からない状態
に陥りました。

あわてんぼうの私は、借金経験のある知り合いに相談することにしました。
その人によると、多重債務は一本化したほうがいいとのことでした。

そこで、夫にそのことを伝えようとしたら、夫は夫で司法書士の事務所に相談に行っていたらしいのです。

夫によると、債務の一本化より効果的な返済方法を司法書士の方から聞いてきたということでした。
多重債務は一本化するより、債務整理で解決したほうがいいとのことでした。

そのほうがメリットも多く負担も少ないというので、
私たちはその司法書士の先生にお願いして債務整理で返済する道を選びました。

あれほど私たちを苦しめただ重債務が魔法のようにきれいに整理でき、生活が破綻するのを何とか免れました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

多重債務の一本化って何?

多債務の一本化とは、借金の借入先を一つにまとめて、
同一金利・同一返済日で借金を返しやすくする
ことです。

おまとめローンとも呼ばれます。
借入先がたくさん増えると、それぞれ金利も違う、返済方法もバラバラで債務者は混乱します。

一本にまとめることで金利も低く抑えられ、返済日も月に一度だけになるので、
返済の見通しも立ちやすくなるなどのメリットがあります。

債務の一本化って本当にいいの?

債務の一本化は便利なように見えて、いくつかの落とし穴もあります。一本化のデメリットについて説明しましょう。

過払い金が戻らない

過払い金とは、上限金利を超えて支払いった金利分のことです。

法定金利以上の金利を支払いった場合、債務者は業者に返還請求ができます。
ところが、多重債務をまとめた場合、過分に支払いった金利は戻ってこないおそれがあります。

金利は減っても元本は減らない

債務を一本化することで、それまでより低金利での返済が可能となります。

しかし、金利が減っても元本は減らないということも頭に入れておく必要があります。
借金をまとめて、返済額を少なくすれば、月々の返済は楽になりますが、その分返済期間が長くなってしまいます。

それはつまり、返済総額が増えることを意味するんです。

借金を減らすつもりで債務を一本化した人は、この事実をしって後悔する人が多いそうです。

保証人が必要となる場合も

多重債務を一本化すると、業者によっては保証人を立てることを要求するケースもあります。

借金返済に苦しんで債務をまとめるくらいですから、業者側からすればリスクの高い貸し出しとなります。
そのため、保証人が必要になることも頭にいれる必要があります。

このように、多重債務の一本化にはデメリットがたくさんあります。

それは司法書士の先生にもアドバイスを受けました。そこで、私たちは債務整理の方法を選んだのです。

債務整理のほうがメリットあるって本当?

債務整理にもメリットとデメリットがあります。

それでも、債務の一本化よりはるかにメリットが多く、返済にかかる負担も大幅に減らせます
債務整理だと、払いすぎた過払い金も取り戻すことができます。

その他にも、借金の取り立てがやみ、借金の総額も返済可能なレベルまで少なくすることができます。

債務整理では、業者との交渉も煩雑な手続きも司法書士などの専門家がやってくれるので、とても安心です。
多重債務は債務整理で解決したほうが断然お得です。