母子家庭で抱えた借金が、債務整理で救われた話

教育熱心がたたって借金苦…。債務整理で解決へ(女性/40代)

女性/40代大手の電機量販店に勤務するバツイチの女です。

現在は、小学6年生の息子と2人暮らしの生活です。
ちょっと前まで、私たちは多額の借金を抱え、どうなることかと夜も眠れない日々だったのです。

息子は両親に似合わず、小さいときから勉強のよくできる子で、
「ひょっとしてこの子は大物になるかも」と過度に期待してしまったことから、悲劇は始まります。

私は我が子を医者にしたいと願い、有名塾に通わせたり、自宅学習用の教材を取り寄せたり、教育に力を注ぎました。

今思えば、本当に悪いことをしてしまったと後悔していますが、
当時は「この子を医者にする!」という気持ちが先走って勉強ばかりさせました。

そんなとき、主婦雑誌の広告にあった“聞くだけで頭の回転がよくなる”というフレーズに目がとまりました。

見るからに怪しいキャッチコピーですよね。
でも、教育熱に浮かされていた私は、迷わずその機械の購入を決めたのです。

消費者金融で100万円の借金までして。

しかし、そんなことで息子の頭がよくなるわけもなく、成果もないまま借金だけが手元に残ってしまったのです。

ここでようやく目が覚めるなんて、自分で情けなくなってしまいましたが、
とりあえず弁護士事務所へいって債務整理の相談をしました。

仕事のほうはしっかりやっていたので、母子家庭で収入は不安定でしたが
任意整理を勧めてくださり、月々低い負担の返済で完済できました。

これからは息子の自主性に任せて、のびのび勉強を頑張らせたいです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

母子家庭でも、債務整理はできるのでしょうか?

女手一つで子どもを育てながら仕事をしている女性は今の世の中たくさんいますよね。私もそのうちの一人です。

母子家庭のお母さんも、借金に苦しむことだってあります。
そんな方が、家庭の事情だけで債務整理ができないなんて、かわいそうですよね。

しかし、そんなことはありませんのでどうかご安心を。

債務整理は安定した収入と借金を返済する確かな意志があれば、職業や環境、お金を借りた理由に関係なく利用できます。
債務整理はいわば、債務が返済できなくて困っている人たちを救済するシステムです。

母子家庭のお母さんでもちゃんと仕事をして収入があれば、
弁護士さんがその手続きをとってくれる
はずです。

債務整理は弁護士に頼らず、個人の力でできますか?

私も、一度は自分でやることを考えましたが、素直にあきらめました。

法律や制度、裁判の仕組みについての詳しい知識もないままに
債務整理を自力で挑んだら、とんでもない労力を必要とします。

“餅は餅屋”ということわざがあるように、やはり債務関係の問題に詳しい
プロフェッショナルにお任せするのがベストです。

弁護士さんに依頼すれば、煩雑な書類の作成から債権者との交渉まですべて代行してくれます。

債務整理の手続きが始まれば、督促も給料の差し押さえもストップするので、精神的な負担はかなり軽減されるでしょう。
弁護士さんに任せれば、安心も同時に手に入るのです。

病気になれば、医学書を買って原因や治療法を調べて自分で無理に治すようなことはしませんよね?

それと全く同じ理屈が、この問題にもいえるのではないでしょうか?

どんな弁護士事務所がおすすめですか?

弁護士事務所もたくさんありますが、債務整理をお任せしたい法律事務所であれば、
任意整理や個人再生の実績がたくさんある弁護士を探すべきです。

実績の有無についての判断は、事務所のホームページを見て情報を得るといいでしょう。

具体的な数字で年間実績やクライアント数などを表示しているところであれば、
それだけ債務整理に自信を持っているということなので、実際に会って相談してみることをおすすめします。

また、直接会ったときの対応の仕方も見ておきたいですよね。

サラリーマンと違い、事務所を構える弁護士は一国一城の主なので、
お山の大将みたいにふんぞり返っている人も存在します。

そんな方は一握りかもしれませんが、サービス業であることを意識して、
真摯に取り組んでくれる弁護士に依頼すれば、安心して最後まで任せられるのではないでしょうか。