東京で債務整理をする場合に安いのは?

主人の借金が発覚し、債務整理をしました(女性/30代)

女性/30代私は結婚5年目の主婦です。

主人は優しく仕事にも一生懸命で、結婚してからずっと幸せだと思っていました。

子どもも産まれ、何不自由ない暮らしをしていると感じていましたが、
ある日その生活が一変したのです。

きっかけは消費者金融から届いたたった一通の督促状でした。

何かの間違いだろうと思いましたが、間違いなく主人宛で
内容は支払いが滞っているので早く返済して下さい、というものでした。

借金の総額は90万円と利息25万円、小さな子どものいる平凡な家庭では一括で返すことは難しい金額でした。

主人を問い詰めたところ、結婚前からの借金で月のお小遣いから返済中であることが分かりました。
正直色々とショックを受けましたが、2人で返していくことに決めました。

そして、話し合いの中で高利率な利息のせいで元本が減っていないことが分かったので、
弁護士に依頼して債務整理してもらうことにしました。

最初、東京都内には沢山の弁護士事務所があり、どこにお願いすれば良いかとても迷いました。

着手金や成功報酬には大体の相場があるようですが、調べるうちに
安い費用で請け負ってくれる弁護士事務所がいくつも見つかり、すぐに無料相談をお願いしました。

我が家の経済事情や子どもがいるため自己破産は避けたいことを話し、
債務整理の中でも任意整理という方法をお願いすることにしました。

そして、「元本の半分を貯金から一括で返し、残りは1年半かけて返していく」という条件で交渉が成功し、
負担だった利息は免除して貰えることになりました。

借金のせいで家族危機になりましたが、すぐに弁護士に相談して
解決方法を見つけて貰えたので、今では前向きに生活ができています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

債務整理には費用の節約も重要

どんな時に債務整理は必要か?

債務整理というと良く分からない人は多いものです。

その方法や性質は様々なものがありますが、借金を法的に片付けることをまとめて言います。
CMでも良く見かける過払い金請求は別に考えられることがありますが、広い意味では債務整理の一つです。

ところで、実際にはどんな時に債務整理は必要なんでしょうか?

もちろん、返済が困難になった時です。
順調に返済が進んでいても、収入が落ち込んだり何らかの事情で変わることはあります。

今までのような返済は困難だと感じたら債務整理に踏み切るのが妥当です。

借金をしているということは預貯金なども余裕のない人がほとんどです。
費用もできるだけ抑えるのが理想的です。まず、東京で安い弁護士事務所を探すことから始めていきましょう。

どこで弁護士を探すのか?

普通に生活していれば、まず弁護士とは無縁なものです。

そんな時には弁護士を紹介してくれる機関もあるので利用してみましょう
東京はもちろん、全国に事業所が展開されています。最寄りの事業所に電話し、紹介して貰うのも一つの方法です。

それ以外にはインターネットの紹介サイトも増えています。

口コミなどの情報量も多く、費用も公表している事務所が多いので安いところを探しやすいのがメリットです。
弁護士には得意分野がありますが、債務整理に強い弁護士も分かります。

また、それぞれの事務所で個別にWEBサイトを開設している場合には参考にするといいでしょう。

どんな弁護士がいるか把握できる上に、無料相談を行っている所もあります。
相談は通常有料が一般的です。上手に利用することで費用の節約になります。

どんな債務整理が良いのか?

ところで、どんな債務整理が良いのでしょうか?

自分の希望も大切ですが、実際には弁護士に相談して適切な方法を考えて貰うのも良いのです。
相談の際には借入状況が分かるものと家計の収入状況、毎月の支出などが分かるものがあると早めに判断がつきます。

弁護士にすべてを見て貰い、妥当な整理方法を提案して貰う方が賢明です。

勿論、最終的に決めるのは自分自身です。債務方法も決まったら弁護士に依頼しましょう。

着手金は事務所によってそれぞれ違います。
紹介システムやインターネットの比較サイト、個別のWEBサイトなどから東京でも安い事務所を探します。

無料相談を利用していたら、その際にかかる費用を聞いておくのも確実です。

できるだけ費用を抑え、早期で確実な債務整理をしましょう。