債務整理は、弁護士の選び方が大事です

保証人のせいで背負った借金を、債務整理で解決(男性/40代)

男性/40代私の実家は車の整備工場をやっていて、そんな環境で育ったせいか
小さな時から機械や工業関係の仕事に興味を持っていました。

大学も理工学系の学部に進み、卒業後はシステム開発の会社に就職し、
エンジニア畑一筋の人生を送ってきました。

人並みに結婚もして家庭も持ち、平凡だけれど幸せともいえる生活です。
しかし、ある友人からの依頼で、雲行きが怪しくなりました。

ある日、その友人は私を喫茶店に呼び出し、神妙な面持ちでこう言いました。

「保証人になってくれないか」詳しく話を聞くと、飲食店をオープンするために
500万円必要だから、保証人になって欲しいとのことです。

親友の願いということもあり、私は断り切れず、保証人の依頼を引き受けることにしました。

彼は約束を守らないような人間ではありません。
大学以来の付き合いでしたから、その友人の性格はよく分かっていたつもりです。

けれど、裏切られました。彼の開いたお店は一年目から行き詰まり、不渡りを起こしてしまったのです。

しかも、お店をそのままにして、行方知れずとなってしまいました。
もちろん、事業資金のために作った借金500万円はそのまま私が支払う羽目になったのです。

私の家庭は子ども一人を養うのでせいいっぱいの経済力です。とても500万円なんて借金は返せません。

そこで弁護士にお願いしようと思ったのですが、債務問題で実績のある弁護士さんがいいと思い、ネットでいろいろ調べた結果、今お世話になっている弁護士さんと出会い、その方の尽力のおかげで何とかなりそうです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

いい弁護士さんの選び方を教えてください。

債務整理でもっとも大切なのは、いい弁護士の選び方かもしれません。

まず、第一条件として、債務問題のスペシャリストかどうかという点です。
弁護士といっても全ての法律を完全にマスターしているわけではありません。

それぞれに得意分野があり、ある特定の法律に特化した専門分野をもって活動しています。

債務整理を頼みたければ、当然債務関係の法律に精通している弁護士を選びましょう。
債務整理の実績が豊富な専門家だと、安心して依頼することができます。

事務所のホームページを見て、“債務問題を専門に扱っている”“年間実績数を紹介している”などが、
実績豊富な弁護士であるかどうかを見極めるポイントになります。

実績の次に選ぶ条件として、スタッフ体制の充実が挙げられます。

メインの弁護士の他、サポートするアシスタントが豊富に揃っていれば、
多数の案件を抱えていても待たされることなく、スムーズに対応してくれる可能性が高いです。

司法書士ではダメなんですか?

債務整理は弁護士だけでなく、司法書士も引き受けてくれます。

ただし、司法書士は“借金の総額が140万円以下”の相談のみ、担当できることになっています。
そのため、大きな借金案件の相談だと司法書士では行き詰まり、やはり弁護士のほうが頼りになるという話になるのです。

個人再生や自己破産だと、裁判所での手続きが必要なため、弁護士にやってもらうのが便利です。

司法書士に頼んでもそれ以上の業務ができないとなると
再度弁護士に依頼することになり、手間もかかり経済的な負担にもなります。

債務整理は弁護士に依頼するのがベストといえるでしょう。

悪い弁護士の条件を教えてください

実績豊富ですぐれた人材を抱えた法律事務所でも、悪い弁護士はいます。

例えば、サービス業であることを忘れている人たちなどは問題といえるでしょう。

電話やメールで予約のお願いをしても返信が遅かったり、乱暴な受け答えで
対応がとても悪かったりするような弁護士は、やはり安心して任せられないと思いますよね。

依頼者の立場に立って考えてくれる弁護士さんかどうか、人となりなどを見ることも大切といえます。

その他、料金体系が不明瞭な事務所も問題でしょう。

ホームページで紹介していることはもちろん、相談時に尋ねても
分かりやすくしっかりと説明してくれる弁護士は、誠実で安心できるでしょう。

事務所選びは焦らず、「この人なら安心して任せられる!」という出会いが見つかるまで、根気よく続けてみましょう。