結婚を機に神奈川で弁護士と債務整理しました

債務整理のきかっけは娘の結婚話でした(男性/60代)

男性/60代私が熟年離婚したのは50代に入り、リストラで職を失ってからです。

その後、思うような職場が見つからず、
職を転々とする私に妻が愛想をつかすのは当然のことでした。

最愛の娘は妻が引き取りました。夫婦関係は破たんしていたものの、娘のことを時々メールで知らせてくれるのは、妻の義理堅い人柄は今もどこか尊敬できる一面でした。

ある日、別れた妻から娘の結婚が決まったと報告を受けました。

私は嬉しさ半面、お金がないという現実的な悩みが同時に浮かびました。

独り暮らしの寂しさから、パチンコ通いと酒に逃げた私が抱える借金は
軽く見積もっても200万円は超えていたと思います。

娘のご祝儀をどうするか考えると、どうしてもお金を用意する経済力はありませんでした。

今の事務員での収入はアルバイト並みでしたので、月を追うごとに借金は増えていったのです。
私は借金を解決する手段を事務員仲間に相談することにしました。

その仲間は、自分が利用してよかったという弁護事務所を紹介すると親身になってくれたのです。

借金のない晴れ晴れとした気持ちで娘の門出を祝いたい…。
私は思い切って、紹介された神奈川の弁護士事務所を訪ねました

弁護士から具体的な債務整理の方法を聞けたことで、自分にも借金完済が可能に思えてきました。

その日のうちに、正式に債務整理を依頼することにした私は、その後“個人再生”という方法で借金の返済を続けています。
まだ完済には遠いのですが、娘のご祝儀を用意できるほどに生活は安定しました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

個人再生という制度の特徴は何ですか?

個人再生という債務整理の方法の最大の特徴は、借金を大幅に減額できるところにあります。

具体的には、借金が100万円未満→その金額、借金が100万円以上500万円以下→100円、
500万円を超え1,500万円以下→5分の1を支払います。

また、1,500万円を超え3,000万円以下→300万円、3,000万円を超え5,000万円以下→10分の1と、
かなり大幅に借金を減額できることが利点です。

私の場合は、総額で200万円程の借金でしたので、100万円を3年かけて返済することになりました。

月々3万円弱という金額を返済すればよかったので、大変気が楽でした。

10年近くに及ぶ借金生活でいわゆるヤミ金から借金をしたこともあり、個人再生の手続きに加えて、
過払い金が戻ると聞いて、真っ先に娘のために使おうと貯金したのは言うまでもないですよね。

任意整理と個人再生に違いはありますか?

任意整理と個人再生は、どこか似ている債務整理の方法です。

3年をかけて借金を返済するところまでは、同じ方向性の債務整理の方法と言えます。
似ているようで違うのが、この二つの制度です。

任意整理は弁護士と債権者とのやりとりになりますが、
個人再生は裁判所を通した手続きである点に違いがあります。

裁判所を通す個人再生は任意整理比べ費用が高額になり、数十万円単位で弁護士への報酬が発生します。
任意整理では一社当たり数万円の費用に付随して、プラスされる報酬などもあります。

それでも、はるかに個人再生のほうが費用もかかる場合が多く、
支払い計画についてもよく弁護士と相談することをオススメしたいところです。

私の場合は、先に弁護士費用を分割清算させてもらったのちに、返済をスタートするという方法を使わせてもらいました。

弁護士事務所はどこも同じですか?

私はパソコンやスマートフォンはもっていないので、世の中にこれほどまでに
弁護士事務所があるということすら知りませんでした。

今回地元である神奈川の弁護士事務所を紹介してもらった時は、
正直どこの法律事務所でも同じだろうと思っていたのは事実です。

あとから同僚に聞いた話ですが、弁護士事務所の対応はどこも同じというわけではないそうです。

費用ももちろんですが、相談は無料というのはどこでもやっているけど、
無料の範囲が回数に限りがある場合や、メールでの相談が無料に含まれるということもあるそうです。

今回は紹介で弁護士事務所を訪ねましたが、それ以外の場合は
インターネットを使えると事前に調べることができ、便利だろうなと思いました。