借金相談は弁護士と司法書士どっちに依頼?

私は弁護士にお願いしました。(男性/30代)

男性/30代私は消費者金融3社とクレジットカード3社合わせて600万円の借金が滞納状態となり、
毎日手紙や電話が来る状態になっていました。

しかし、弁護士事務所や司法書士事務所などは敷居が高く、
また相談する勇気がなくて行けませんでした。

借金を整理することを債務整理と言われていますが、それには個人再生や任意整理、自己破産など
色々と種類があるようでよく分からないので触れずにいたのです。

でも、いよいよ自分ではどうにもならない状況となっているのは把握していたので、
ネットで見つけた債務整理の無料診断から受けてみることにしました。

すると、家も車も所有していないことから自己破産が良いという診断が出ました。

早速手続きを依頼しようと思ったのですが、弁護士と司法書士どちらにお願いすればいいか迷いました。

弁護士に依頼すると、代理人としてすべての手続きを行うことが可能となるため、
自己破産の申し立て準備中に訴訟を債権者から提起された場合にも迅速に対応できるというメリットがあります。

一方、司法書士に依頼すると自己破産手続きに必要な書類作成とサポートを行うのが主となるため、
あくまでも申し立てるのは自分本人ということになります。

また、弁護士費用は司法書士に払う費用よりもやや高額になりやすいですが、
手間を考えると弁護士へ依頼する方が安心感があると思い、私は迷わず弁護士を選びました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金解決までのステップ

借金返済に困ったらまずは相談してみよう

急な出費や収入の激減で借金返済に悩んだ時は弁護士や司法書士に相談することで解決できることがあります。

債務整理の中の任意整理という方法で今まで払いすぎた利息や、
これから払うであろう利息をカットし返済額を圧縮する方法です。

借金のことはなかなか人に相談できないし、とどうにか一人で解決したいと長期間抱え込んでしまう人もいますが、
任意整理するかどうかはさておき一度弁護士や司法書士に相談してみることが得策でしょう。

ホームページなどの連絡先に電話やメールで簡単に問い合わせができるようになっていますし、
無料相談できる事務所も多いですよ。

借金のことは専門家でないと分からないことも多いので問題が大きくなる前に解決の手助けをしてもらうといいですね。

任意整理を決めたら代行依頼しよう

返済できない借金の事で弁護士や司法書士に相談し、
任意整理することを決めた場合代行依頼することでスムーズに手続きが進むでしょう。

委任契約締結の際借入先や取引内容を伝え、わからない事や不安なことがあれば
そこで質問すると細かく説明してもらえます。

解決までの流れもわかるのでその時点で大きく不安軽減できるでしょう。

あとは弁護士や司法書士が取引履歴を債権者から取り寄せ、
利息制限法に基づき再計算を行い交渉する形になるので結果を待つだけです。

任意整理を依頼した時点で支払いは停止され、貸金業者からの督促もストップします。

任意整理は裁判所を介す手続きではないので周りに知られることなくこれらの手続きを行うことが可能と言えますね。
できるだけ借金のことは周りに知られたくないという人も多いので安心できる手続きと言えるでしょう。

無事解決したら負担のない額での返済スタート

弁護士や司法書士による債権者との交渉がまとまれば、和解契約書が取り交わされます。

これにより新たな契約内容が確定するのでその内容通りの返済をスタートすることになります。
多くの場合返済額は大幅に減額されており、負担のない範囲で月々の支払いをすることが可能になるでしょう。

長期間借入していた方の中には高利息の支払いがたまっていて、
任意整理後借金がなくなったという方もいらっしゃいます。

手続きをすることでお金の不安から解放された、これからの人生計画が立てられるようになったなどの声も多くあります。
このようなことからも、借金返済に悩んでいる方はいち早い行動が重要と言えますね。

あと一歩が踏み出せない方は一本の電話やメールからでも解決の糸口が見いだせますよ。