200万の借金を任意整理で解決する

弁護士に相談して本当に良かった(女性/30代)

女性/30代子供の頃から結婚に憧れがあり、結婚式をあげるなら豪華にやろうと考えていました。

しかし、いざ結婚する時に費用が足りず、
妥協できずに借金をして式をあげることにしました。

共働きならすぐに返せると思ったのですが、結婚してすぐに妊娠して働くことができなくなり、
また子供が生まれつき体が弱く常に見ていなければいけない状態で、パートなどに出ることも厳しくなりました。

結果として式をあげる時に借りた200万円が負担になって、返済が厳しく生活にも影響が出るようになりました。

そこで主人と相談して、弁護士事務所に行って借金の相談をすることに決めました。
対応してくれた弁護士さんは丁寧ながら厳しく、叱りつつも的確な方法を教えてくれました。

現在の状態だと任意整理をするのがもっとも良い方法で、仕事先や周囲の人にバレることがなく、
それでいて負担となっている利息をカットして、借金の総額を圧縮することができるとのことでした。

そして、任意整理の手続きを正式にお願いしたのですが、金銭的にも心理的もかなり身軽になることができました。

200万円という額は人によっては債務整理するほどではないかもしれませんが、
収入と支出を考えて弁護士さんに相談することが大事だなと改めて思いました。

自分一人で抱え込んで苦しまず、専門家に話すことできっと救われます。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

200万の借金を返済する方法

借金をしてしまったら?

借金にもいろいろあります。

カードローンやキャッシングなどの他、クレジットカードでの
ショッピングとついつい使い過ぎてしまう人も多いものです。

限度額の範囲内であれば気にせず使ってしまう人もいるようですが、
実際には限度額いっぱいまで利用してしまうとその後の返済が大変です。

月々の返済額を低く抑えれば毎月の出費は楽ですが、金利ばかり払うことになり、元金はなかなか減りません。

借金の額が増えてしまうと個人再生か自己破産しか手段が無くなります。
どちらもブラックリストに載ってしまい、以降5年程はカードの契約やローンを組むことができません。

しかし、200万程の借金でも任意整理で解決できる可能性はあります。

まずは弁護士に相談して、任意整理での債務整理をお願いしましょう。

ところで任意整理とは?

その前に任意整理とは何でしょうか?

任意整理は債権者、つまりクレジットカード会社やカードローン会社と直接交渉し、
残っている返済額から金利を免除してもらうなどして減額することです。

減額された残金は3年~5年かけて完済します。

裁判所を通す必要もなく減額できますが、ブラックリストには載ってしまうため、
その後5年程カード契約やローンの利用はできなくなります。

しかし、資産を押さえられたり官報に載るというリスクはないのでおすすめです。

任意整理は比較的低い借金の場合が多いようですが、200万に達していてもまったく無理ではありません。

相手によってはなかなか応じてくれず大幅な減額は見込めない場合もありますが、
いずれにしても個人で交渉するよりも専門家に依頼する方が確実で安全です。

任意整理に必要な条件は?

任意整理を行うには、減額した後の返済が十分可能な安定収入が条件になります。

しかし、それさえ可能であれば個人再生や自己破産を選ぶよりも好ましいと感じる人は多いようです。
金利を免除してもらうものの元金は完済するわけですから、金融機関にとってもダメージは少ないという印象もあります。

任意整理を行うにはあまり高額になってしまうと減額交渉に応じてもらえない場合もあります。

しかし、返済が可能な安定収入がある場合なら200万を超えてしまった借金でも交渉の余地は十分あります。
過去の実績も豊富で交渉に長けている弁護士であれば大幅な減額も期待できるかも知れません。

減額した後に返済可能な安定収入があり、借金の総額が200万を超えている場合にはまず相談してみましょう。