カードローンが支払えない事態を避けるには?

無事に借金返済ができてホッとしました(女性/30代)

女性/30代私はストレスが溜まるとショッピングで散財してしまうことが多く、
手元にお金が無くても欲しい物があればカードローンで借りて買っていました。

そして、手軽にカードローンを使うことに慣れてしどんどん借入をしてしまい、
最終的には返済できなくなってしまいました。

家族にも相談できず一人で悩んでいましたが、自宅まで金融会社から督促の連絡が入るようになり、
このまま一人で考えていてももっと悪い状況になるのが目に見えていました。

なので、インターネットで探した近所の法律事務所に問い合わせをした所、
とても感じが良く話やすそうでしたので、無料相談に行くことにしました。

弁護士が相談に乗ってくれたのですが、今まで様々な借金問題を解決してきただけあって、
私の借金問題についてもすぐにいくつかの解決策を提案してくれました。

話し合った結果、任意整理で借金を整理して過払い金請求をすることが決まりました。

借金の督促はすぐに弁護士さんが動いて受任通知を金融会社に送ってくれましたので、
それからは督促や取立は無くなりましたし、和解交渉の方も予想以上に早く合意することができました。

生活に支障が無い返済ができるようになり、本当にほっとしています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

カードローンで失敗しない方法

まずは無理のない返済が第一

近年、カードローンの破産者は増えつつあります。

これは収入に対して借入が容易であることにも大きな理由はありますが、
ここ何年か続く不況により必要に迫られて利用した人も多いのが現状です。

しかし、その後失業や収入の減少などにより支払えない人も珍しくなく、
何らかの手段で債務整理を行う人が急増しているのです。

この状況を受けて年収に対しての借入可能額の見直しがされるなど、現在は改善されつつはあるようです。

しかし、利用者がまず自分の返済能力に見合った借入と月々の返済額、
そして返済方法を選択する
ことが最も重要です。

カードローンやクレジットカードの場合は、個人であれば
60万円程度を目安に何らかの債務整理を考えることを奨励する弁護士もいます。

いずれにしても家計を圧迫しない範囲内の利用であることが重要ポイントです。

支払えない時の最悪な選択

カードローンが支払えない場合の最悪な選択は返済のために新たに借入をすることです。

一度そうしてしまうと、次にまた返済が困難になった時にも同様の手段で対処してしまいがちです。その上、返済が増えることでさらに経済的に厳しい状況が強いられ、結果としては繰り返してしまう人も少なくありません。

こうした負のスパイラルに陥らないことがまず一番重要なポイントになります。

これを避けるためには、始めの借入を最小限に留め、本当に必要に迫られた時のみ利用することを心がけましょう。

借りてしまったらそれが完済するまでは他社から新たな借入はしないのも勿論ですが、賞与などで一括返済するか余裕のある時に繰り上げ返済をするなど、早期に完済するのが安全で利息も低く賢明な利用法です。

どうしても厳しいと判断したら?

月々の返済が苦しい、支払えないと感じ始めたらできるだけ早い判断と決断が重要です。

カードローンを始めこうした金融商品は、滞納を繰り返してしまうとブラックリストに載ってしまうことになります。
仮に結果として完済できた場合でも、数ヶ月はブラックリストに残ることがほとんどです。

また、督促の書簡や電話が来るのも非常に辛いものです。

こうした事態を避けるための健全な対処法はまず早い段階で弁護士に相談することです。
弁護士は無料相談を行っている所もありますが、有料の場合でも30分5000円というのが相談料金の相場です。

債務の総額と世帯の収入状況、そこからの返済の割合などをすべて見てもらい、プロに適切に判断してもらうのです。

債務整理の方向性が見えたら着手金を支払い、依頼するのが賢明です。