250万円の借金を債務整理したらどうなる?

私は任意整理を選択しました(男性/30代)

男性/30代私には転職時の生活苦による借金が250万円ほどあり、
落ち着いたら債務整理したいと思っていました。

やっとの思いで転職先を見つけ、給料もきちんと入ってくるようになったため、
債務整理に強いと評判の弁護士事務所へ無料相談をしに行きました。

初めての弁護士事務所で緊張しましたが、弁護士の方は大変優しく親身になって話を聞いてくださり、私の収入と借入の額から任意整理という方法を提案して頂きました。

借金の解決方法といえば個人再生や自己破産くらいしか知らなかったのですが、
任意整理のメリットやデメリットをきちんと説明してもらい、納得の上で手続きを依頼しました。

正直、最初は自己破産して全部免責にしてもらいたい気持ちがありましたが、弁護士の方に「自己破産より任意整理の方がデメリットも少ないですし、あなたの年収なら2年間で返済できますよ」と言われたこともあり、任意整理を選ぶことにしました。

債権先と交渉してもらった結果、遅延損害金や利息がカットされ、結局は1年半で完済することができました。

弁護士に相談したことで自分に合った解決方法を的確にアドバイスしてもらえましたし、
さらにスムーズな交渉のおかげで借金の総額が減ったので、非常に満足しています。

弁護士事務所へ支払った費用は5万円ほどで予想より少なかったです。

もちろん自己破産ではないので、官報に乗ったり財産を処分する必要もありませんでした。
色々と迷いましたが、きちんと弁護士事務所に依頼して良かったと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

債務整理すると借金を大幅に減額してもらえる

債務整理するとどれぐらい借金が減るの?

現在の毎月の収入から考えて、250万円の借金全額を返済することは難しい。

毎月の返済額のうちほとんどが利息の返済に充てられてしまい、ぜんぜん借金残高が減らない・・・。
このような場合には債務整理を行うと借金完済までのスケジュールを大幅に早めることが可能ですよ。

ここでは具体的なケースとして、250万円の借金を債務整理したら
どれぐらい減額されるのか
を考えてみましょう。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類がありますが、まずは任意整理を行った場合を考えます。
任意整理を行うと多くの場合「利息免除」という形で交渉がまとまります。

消費者金融からの借金の場合の利息は年15%~20%程度の場合がほとんどですよね。

250万円で20%の利息を免除してもらうと年間で50万円負担が減ることになります。
毎月の返済額のすべてを元本返済にあてることができるのは大きなメリットですよね。

個人再生を行った場合は?

次に、250万円の借金を個人再生により減額してもらう場合を考えてみましょう。

個人再生は裁判所に申し立てを行って借金の減額を認めてもらう方法です。

任意整理とは違って利息の免除だけではなく、元本の減額も認めてもらえるので、
現在の収入から考えて借金残高が大きくなりすぎてしまっているという人はこちらを選択するのが適切です。

250万円の債務を個人再生により減額してもらうと100万円の残高を3年間で分割返済していくことになります。

個人再生はマイホームを手放すことなく借金の減額をしてもらえる方法としても知られています。

借金元本についても減額してもらう債務整理としては個人再生のほかに自己破産がありますが、
自己破産の場合は原則としてすべての財産(マイホームや自動車など)を手放す必要があります。

自己破産をするとどうなる?

最後に、自己破産の場合を考えてみましょう。自己破産は裁判所に申し立てて借金残高すべてを免除してもらう方法です。

消費者金融からの借金が250万円あるという場合であれば、
自己破産を行うと手続き完了後は借金0円ということになります。

以上、債務整理のそれぞれのメリットについて解説しましたが、債務整理にはデメリットもあります。

新規にローンを組むことが非常に難しくなるほか、官報という政府の発行する新聞のようなものに
債務整理を行った事実が掲載されてしまいます(個人再生と自己破産の場合)。

また、いま持っている財産についても手放す必要がある場合もあります。

自分にはどの債務整理があっているのか?自分は債務整理をするべきか?ということは
弁護士などの専門家からアドバイスを受けるようにしましょう。