100万以上に膨らんだ借金を払う自信がありません

100万円以上の借金が全然減らないので、どうにかしたいです(男性/30代)

男性/30代僕は、ごく普通の会社員です。

給料もそれほどよくはないため、社会に出てしばらくは節約しながらの生活を送っていました。
そんな僕にも、学生時代競輪部に所属していた経験からバイク好きという趣味がありました。

ある日の休日、気分転換のつもりでふらっと自転車専門店にまで足を伸ばすと、
学生時代に憧れていたブランドのロードバイクに出会ってしまいました。

それは約50万の値段で、さすがに自分にポンと購入できるような金額ではなく、
その日は後ろ髪を引かれる思いで家に帰りました。

しかし、その後も店にあったロードバイクのことが忘れられず、どうしても買いたいと思うようになりました。

そんな時に知ったのがカードローンの存在です。
手元にお金がなくても、ローンで買ってしまえばいい……と気づいたのでした。

次に休日が訪れた時、私は思い切ってそのロードバイクを購入してしまいました。

私の間違いはカードローンの手軽さが味を占めて、
その後すぐさらに高額なバイクをもう1台購入してしまったことでした。

冷静になってみると、100万以上の借金を抱えることは、自分にとっては大きな問題でした。

でも、買ったバイク達は命よりも大事なお宝に思えたので、
売らずに借金の問題だけを片付けられないかと考えたのです。

調べてみると、それは不可能でもなさそうだということにたどり着きました。

法律事務所でお金の悩みを弁護士さんに相談して、最適の方法を提案してもらったのです。

結果的に私は、ロードバイクを手放すことなく借金を整理することができました。
今後は無駄遣いをせず、以前のようにつつましい生活をしていきたいと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理はいくらからできますか?

債務整理を行うためには、借金の総額がいくらあればいいのか?と考える方は多いと思います。

まず、債務整理の方法はいくつかあります。

「個人再生」という手段ですと、100万円を超えていることが条件のひとつになりますが、
そのほかの「任意整理」などの債務整理の方法は金額の制限はありません

そういう意味では窓口が広いと言えますが、債務整理には費用がかかります。

このままでは返済の見込みがないと思ったときには、弁護士の無料相談を利用してみてはいかかでしょうか。
弁護士はその道のプロですので、経験も豊富です。

私のように「財産(バイク)を手放さずに債務整理が可能か」、
「現状での完済の可能性」といった悩みについても、的確なアドバイスをもらえるはずです。

インターネットでも調べることができると思いますが、逆に情報が溢れ過ぎるところもあり、弁護士の生の声が確実です。

ある程度の情報集めをインターネットで行いながら、対面での相談は具体的なことを相談するのが一般的です。

財産を手放さずに借金を整理することはできますか?

私の場合はバイクを2台購入したことで、100万円以上の借金を抱えました。

こうなった今でも必死で代金を支払った苦労と、ロードバイクが生きがいという気持ちは消えることはありません。

なんとか2台のバイクを財産として確保したいと弁護士の方へお願いしてみたところ、
実現してもらえることになりました。

1台を売却するという選択肢もありました。

今回は継続的な収入があることと、総額120万円の借金を3年間で計画的に返済が可能と判断され、
「任意整理」という方法に落ち着きました。

借金をきちんと返していくことで自身への戒めにもなりましたし、
趣味のロードバイクが残ったことで、自分らしい生活も維持できたと考えています。

債務整理するタイミングの目安はありますか?

1人暮らしをするときに、家賃の目安は給料の3分の1と言われています。

借金も家賃と同様に収入の3分の1を超えていないのかがひとつの目安で、
返済「債務整理」のタイミングということができます。

車や住宅のローンにしても同じで、返済額と収入のバランスが崩れると、安易な借金への道に繋がりかねません。

借金をすることは自由ですが、それ以上にその後の生活が維持できるのかを
充分に検討することを心がけたいところです。

自分の想像を超えて借金が膨らんでしまったら、
早めに弁護士に相談することを強くオススメしておきます。