銀行系ローンの借金を債務整理で解決した方法

借金問題が解決できて弁護士さんに感謝しています(女性/20代)

女性/20代私はショッピングが大好きで、特にセールの時は生活費が少なくなっても購入していました。

ある時、以前から欲しかった時計を見つけこの機会を逃せばもう手に入らないと思い、
銀行系のカードローンから借り入れをして購入しました。

それからはカードローンの利用が癖になり、気付いた時は
借り入れ金額が予想以上に増えてしまったのです。

返済も段々とできなくなり、このままでは借金が増えていくばかりだと思い、
インターネットで借金問題に詳しい法律事務所を探して相談に行きました。

そちらでは借金問題の相談であれば、弁護士さんが無料で何回でも相談に乗ってくれたので良かったですし、
債務整理についてのメリットやデメリットなども分かりやすく説明してくれました。

私は仕事もしていましたので任意整理で解決することにしたのですが、
弁護士さんが代理で手続きから交渉までしてくれ、無事月々の返済額が減額されました

また新たな気持ちで再スタートができるようになり、弁護士さんに相談して本当に良かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

銀行から借りているお金を債務整理で減額してもらうには

銀行系ローンを債務整理すると口座がとめられる?

銀行系ローンの場合、その銀行の口座を持っていることが前提になっている場合がほとんどですよね。

銀行系ローンの債務整理(任意整理や個人再生、自己破産など)を行うと、
多くの場合はその銀行口座は凍結(引き出しができなくなること)されてしまうのが普通なので注意しましょう。

また、債務整理を行うとその口座に対してこれから入ってくるお金についても引き出せなくなるので、
どのタイミングで債務整理をスタートするかというのは重要な問題です。

給与振込口座などをその銀行の口座に設定している場合にはその口座を凍結されてしまうと、
生活に大きな支障が生じてしまうことになってしまいます。

判断に迷ってしまうという場合には弁護士などの専門家に相談して、アドバイスをもらうようにするのが適切です。

どのタイミングで債務整理を行うか?については慎重に

銀行系ローンを債務整理すると口座を止められてしまうというのは具体的にはどういうことでしょうか。

ここでは具体例を考えてみましょう。

例えば銀行口座に10万円の貯金がある場合で、その銀行からのローン30万円について任意整理を持ちかけたという場合、銀行側はこの預金10万円についてはローンと相殺した上(30万円のうち10万円を相殺するのでローン残高は20万円になります)で、その銀行口座から現金を引き出せないようにしてきます。

そうなると残りの20万円が完済されるまでは、例えばその口座に給料が振込されるたびに相殺されてしまい、
生活していくために必要なお金が引き出せないという事態になってしまいます。

銀行系ローンを債務整理する時には給与振込や振込口座変更の手続きが完了した後に
債務整理を切り出すなど、慎重な判断を行う必要があります。

債務整理は専門家に相談しよう

銀行系ローンを債務整理することによるその他の問題点としては、債務整理後は新規にローンを組むことが難しくなることや、自己破産の場合には預金全額を適切なタイミングで引き出しておかないと、一定額(多くの場合は20万円)以上の銀行預金については債権者側に分配されてしまうなどの問題があります。

これらのリスクを適切に回避するためには、
いつどのようなタイミングで手続きを行うのか?ということが大切になります。

債務整理は債務者自身が裁判所に対して申し立てを行うことも可能ですが、
思わぬ不利益を被ってしまうケースが後を絶ちません。

法律的な知識がない人は無理せずに弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

相談は無料でできることがほとんどですし、専門家に対して支払う費用についても
後払いや分割払いに対応してくれることがほとんどですよ。