過払い金請求の無料相談を検討中の方

過払い金が返ってきました(男性/30代)

男性/30代あの頃の私はどこかおかしかったのだと思います。

就職してすぐの頃、私は取引先の女性と恋に落ちました。

奥手の私はそれまで女性とお付き合いをしたことがなく、この女性と別れたら
二度と彼女ができないという思いで振られないように必死でした。

色々な恋愛本を読み、インターネット等を参考にしてかっこいい男性を演じていました。

身の丈に合わない高級車を購入し、部屋の家具家電もハイグレードなものに新調しました。
また、誕生日などイベントごとがある度にブランド品をプレゼントしていました。

そして、段々とプレゼントや外食の質を下げることができなくなり、消費者金融にお金を借りるようになりました。

初めの方は給料日に返済できていましたし、ほんの少し足りない分だけ借りるという気持ちでした。
しかし、利率も高くすぐに借金が膨らんでいきました

そんな時、私は彼女に振られてしまったのです。。私の手元に残ったのは高級品の山と借金だけでした。
私はすぐにそれらを質に入れて借金返済の足しにして、質素倹約に努めて何とか借金を完済しました。

そして数年後、たまたま過払い金に関するCMを見て、試しに弁護士事務所に無料相談してみました。

そうしたら、なんと私も過払い金があったようでいくらかお金が返ってきたのです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

経済的に困った時の過払い金請求

過払い金請求を決めるタイミング

まず、過払い金請求をどのタイミングで決めるかが大切になってきます。

目安となる利用金額はありますが、返済能力があれば特に気にする必要はありません。
繰り上げや一括などして早期に返済できればいいのです。

問題は月々の自力でのスムーズな返済が困難になったら、過払い金を見直すタイミングであるということです。

しかし、実際に返済が困難になってしまってからでは
弁護士などの専門家に相談するお金も惜しいという場合は多いものです。

経済的に困窮した状況なわけですから、無料相談ができる所が望ましいのです。

全体の利用金額が60万円を超えているか、もしくは月々の返済額が家計に圧迫するようであれば、
早期に見直し一度落ち着いて利息と元金の内訳を確認しましょう。

利息の内訳が元金を超えている時には早めに無料相談を受けます。

どこに相談するのか?

過払い金を請求とは、実際は弁護士などの法律の専門家でなくとも可能なものです。

ごく稀に一般の人でも自分で債権者に交渉し、利息を返還して貰えたり返済の組み直しの際に利息の利率を下げて貰うことに成功する人もいますが、相当の法律知識を有している人であったり、多くの場合素人では難しい場合が多いものです。

相談するには費用がかかります。しかし、この過払い金に関して法的な相談費用を負担して貰える機関があります。

国が関与する機関のため、ほぼ全国の主な市や町に事業所があります。
さらに、無料相談は金融に関することだけではありません。

離婚相談や近隣トラブル、労働問題といった生活に密接な個人のトラブルの相談ができるのです。

地域にもよりますが、曜日を決めて事業所内で相談日を設けている所もあり、その日に行ってみるのも良いでしょう。

弁護士を決めて相談ができる

国が関与する無料相談の機関では、一つの案件で3回まで相談が可能です。

事業所内で設けている相談日以外でも、直接弁護士を紹介してもらえます。
その場合には自分からその弁護士事務所に出向き、相談することになります。

しかも、紹介された弁護士が合わないと感じたら、
同じ案件であれば3回まで無料で違う弁護士に相談が可能です。

実際に相談してみて、一緒に解決できると感じた弁護士さんにお任せするのが一番です。

その場合には着手金が必要になりますが、その場合には
弁護士を斡旋してくれた国の機関で費用の立て替えもしてくれるのです。

費用は負債額や借入状況などで様々なですが、月々5000円からの分割にして貰えるところが多く、少ない負担で済むように配慮されます。

しかも、過払い金がスムーズに戻ってくれば、その中から無理なく
弁護士費用の支払いに充てられることも少なくありません。