過払い金請求の弁護士費用はいくら?

約5万円で依頼できると思います(男性/30代)

男性/30代私は過払い金請求を行ったことがありますが、
まずは弁護士事務所に相談するところから始まります。

正直自分に過払い金があるかどうかということは、
シュミレーションをするまで分かりませんでした。

そして、私の場合はその段階で数十万円の過払い金が発生していることが判明したために、
そのまま請求手続きに移ることにしました。

実際に弁護士事務所に行ってから手続きを行うわけですが、ここで費用が初めて発生します。

私はネットであらかじめ安い場所を調べていたということもあって特に気になりませんでしたが、
場所によってはかなり費用が掛かってしまうのでよく検討したほうがいいと思います。

また、請求手続きで費用がかかったとしても実質過払い金が返ってきますから、特に気にする必要はないでしょう。

具体的な料金で言うと、5万円ほどで依頼することができると思います。
しかし、これは事務所や担当弁護士によって変わってくるので一概には言えません。

自分にはないと思っていた過払い金ですが、意外と発生しているものですね。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

過払い金請求を弁護士に依頼したら費用はいくらかかる?

迷っているならまずは相談

カードローンやキャッシングで借金が膨れ上がり、債務整理を検討している人であれば、
過払い金についてもおおよその知識を持っていることでしょう。

払い過ぎた利息があるなら返してもらってそれを元金に充て、債務を大幅に圧縮することができます。

既に借金がゼロになっていることもあり得ます。
しかし、自分で請求するのは難しそう、弁護士に依頼したいが費用が心配というのが本音でしょう。

確かに弁護士費用は分かりにくい料金体系になっていることが多いので、不安を覚えるのも当然です。

しかし、迷っているうちに債務が膨れ上がるのも確かです。
既に完済している人も、時効を迎えて権利が消滅してしまう可能性があります。

借金の相談に関しては相談料無料の事務所も多いので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

相場はいくらくらい?

過払い金の請求を弁護士に依頼した場合、当然費用が発生します。

一番気になるのは一体いくらかかるのかというところですが、事務所によって差があるのが実情です。
現在、弁護士の報酬は事務所が自由に決められることになっており、ルールはありません。

例えば、着手金については複数の消費者金融に請求するなら1社あたりいくらとしているところもあれば、
何社に請求する場合も一律に10万円で成功報酬が高めというところもあります。

ただ、着手金が安いところは成功報酬が高めになっているなど、全体では似たような費用になることが多いです。

日弁連が実施したアンケートによると、過払い金請求の着手金は10~20万円前後、
成功報酬は回収額の20%前後が最も多くなっています。

300万円の過払い金が戻ってきたとすると、弁護士費用は70~80万円前後になるというのが一応の相場と言えるでしょう。

個人での請求は難しい

この弁護士費用の相場を安くないと感じる人もいるかもしれません。いっそ自分で請求しようと考える人もいるでしょう。

確かに過払い金の請求は、個人ですることも不可能ではありません。
ハウツー本などを参考に、自分でしている人も実際にいます。

しかし、個人で請求しても簡単に応じてはもらえないのも事実です。

相手は個人なら裁判まではしてこないだろうと高をくくっているところがあります。
個人で請求して全額素直に払ってもらえるなら、誰も弁護士に依頼などしません。

請求しても取引履歴の開示そのものを拒否したり、発生している過払い金について値切ってきたりします。

弁護士からの請求でも裁判にまで発展することが少なくありませんから、
個人では間違いなく話し合いで解決はできません。

このことを踏まえると、結局は弁護士に依頼したほうが回収できる金額も大きく、時間も労力も節約できるでしょう。