ゼロファーストへの過払い金は返還請求できる?

エポスカードとの関係に注意(男性/30代)

男性/30代長期間にわたって消費者金融から借入がある人ならば、過払いが発生している可能性があります。

私も以前、転居資金の借入や転職時にしのぐ費用などにゼロファーストを利用していたので、
過払い金が発生している可能性があり、他の消費者金融と共に調べてみようと思いました。

自分で電話して取引履歴を請求してみたのですが、正規の利息に計算し直すのは非常に困難でした。

なので、司法書士に改めて取引履歴を見てもらったところ、
個人で取り寄せたものと一発で見抜かれました。

専門家が取り寄せると、専用ソフトで正規の金利に引き直し計算しやすい書式のものを送ってもらえたのです。

そして、そのまま司法書士にゼロファーストに対する過払い金返還請求を依頼したところ、
確認事項としてエポスカードを持っていないか残高がないか、エポスカードも精算になるが問題ないかを確認されました。

どうやら現在はエポスカードに合併となっているため、ゼロファーストに対して過払い金返還請求を行うと、
エポスカードは精算になり使用不可となるようです。

私は問題なかったのですが、専門家に依頼したからこそ分かる情報だなと実感しました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

過払い金の返還請求は今も可能

ゼロファーストへの過払い金、発生していませんか?

ゼロファーストは丸井のエポスカードの子会社として個人向けキャッシングサービスを広く展開していましたが、
平成26年10月1日にエポスカードへ吸収合併されました。

これにより新規でのカード発行やキャッシングは不可能な状態となっていますが、過去にゼロファーストでキャッシングを利用されていた方で過払い金が発生している可能性がある場合、エポスカードへ過払い金の返還請求をすることが可能です。

ゼロファーストと継続した取り引きがあり返済を行なっていた方は、過払い金が発生している可能性があります。

完済済みでも最後に支払いをされた日から10年以内であれば、
過払い金の返還請求ができますのでまずは弁護士へ相談してみましょう。

相談は無料のケースが多く、事前にホームページや電話で確認することもできます。

過払い金を請求したらどうなる?デメリットはないの?

ゼロファーストへ過払い金を請求するってどういうこと?

デメリットはないの?…そのように考える方も多いかと思います。
基本的に過払い金の返還請求は弁護士へ依頼し、請求に対するやりとりはすべて弁護士が行います。

弁護士への依頼費用は着手金が2~3万円程度、過払い金が返還された時は
追加で成功報酬を20%程度支払うことが多いようです。

長年キャッシングを利用していた方の場合、過払い金だけで数十万円が返還されるケースもあります。

なので、まずは弁護士へ相談してみましょう。
その際、既に借金を完済していれば金融機関の信用情報のブラックリストに乗る心配はありません。

また、現在お持ちのエポスカードが使えなくなることもありません。

過払い金の返還請求は、払い過ぎた利息(=自分のお金)を取り戻すことなのです。

時効があるから早めに連絡しましょう

過払い金の返還請求には時効があります。

ゼロファーストと最後に取り引きした日から10年以内でないと、返還請求が難しくなってしまいます。

過去にゼロファーストのキャッシングを利用したことのある方は、
一度ご自身の通帳や契約書で支払い内容を確認された方が良いでしょう。

もし契約書がなくても過払い金の返還に対する相談は可能ですので、まずは一度弁護士へ相談に出かけてみて下さい。

過払い金の返還の際に、利息分が上乗せされて返ってくるケースもありますので、
個人で返還請求をするより弁護士に依頼した方が確実です。

特にゼロファースト(現エポスカード)の場合、返還成功率がとても高いというデータがあります。

完済された方の中には、過去の借金に向き合うことは避けたいと思う方もいるかもしれませんが、過払い金の返還請求は払い過ぎた自分のお金を返して貰う正当な権利になりますので、気後れすることなく相談してみて下さい。