カードローンで過払い金が発生することはある?

借金がすっかり減額されました(男性/30代)

男性/30代私は大学卒業後、事務職で働いています。給料は生活していくだけで精一杯でした。

私がカードローンを利用したきっかけは自動車学校に通ったことでした。
当時まとまったお金がなく、ローンを組んで返済していくしかなかったのです。

最初は危機感を持って利用していましたが、
慣れるとローンへのハードルが一気に下がりました

そのため、いつしか「足りなければカードローンに頼ればいい」と考えていたのです。
そんな生活を繰り返すうちに、返済を続けても一向に借金が減らないという事態に陥りました。

そして、これはマズイと思いインターネットで調べていると、過払い金が戻ってきたことで
たくさんあった借金がなくなったという例が紹介されていました。

それを見て、返済が行き詰まっている私も近所の弁護士に過払い金請求を依頼しました。

おかげで現在は借金がすっかり減額され、あと半年ほどで完済できそうです。
妻や子供と今まで通りの生活ができそうで何よりです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

多額のキャッシングは過払い金発生の恐れあり

カードローンで発生する過払い金とは?

カードローンは様々な目的で使用することがありますが、過払い金が発生しやすくなります。

というのも、普通のキャッシングに比べると、多額のキャッシングをできるからです。

クレジットカードについているキャッシング枠に比べると、借りることができる限度額が大きいために、
会社の運用資金に使用する人も多く存在します。

また、車のローンなどにカードローンを使用する人も多く存在します。

カードローンは、発行すればキャッシングがすぐにできる
という特徴がありますが、多く利息を取られてしまうこともあります。

これが過払い金発生の大きな原因に繋がり、返済している時は気づかず、
いざ整理してみると過払い金が発生しているということは普通にあるわけです。

そのために、カードローンを組んだことがある人はよく注意することが必要なのです。

カードローンでの過払い金はなぜ気づかない?

カードローンでキャッシングをする場合は、生活費等に充てない限りは
数百万円を借りるということがほとんどありません。

しかし、車や家、会社の運用資金としてカードローンを利用する場合には、数百万円借りることも普通にあるのです。

少額のキャッシングであれば、自分で計算できる範囲内で利息がどれくらいなのかということを把握できますが、
数百万円という額になってくると、それが難しくなってきます。

ですから、自分で過払い金が発生していることに気づかなくなってしまうのです。

カードローンでキャッシング経験がある人は、
多額のキャッシングをして完済してる人ほど過払い金の恐れがあるわけです。

ですから、とりあえずキャッシング経験がある人はまず過払い金請求をすることが重要になってきます。

カードローンの過払い金請求は時間がかかる?!

カードローンで過払い金請求をしたいと思った時は、時間がかかってしまうことがあります。

これはキャッシングしていた期間によって変わってきますが、数年前に完済しているとなると、
当時の利息の計算と借りていた額をすべて洗い出す必要がありますから時間がかかるのです。

また、場合によっては弁護士と当人だけでは計算できない場合もありますから、
専門家を雇って三人で計算していくという場合も大いに考えられるのです。

カードローンで過払い金請求をするなら、一ヶ月程は視野に入れておいたほうが良いです。

請求手続きの時点でかなり時間がかかってしまいますし、事務所にも数回足を運ぶことになりますから、
途中で妥協せず諦めないようにしなければなりません。

時間がかかったとは言え、時効ではない限り請求はできますから、気にすることはありません。