連帯保証人に迷惑かけずに過払い金請求する

過払い金請求と任意整理をしました(男性/40代)

男性/40代私は4社から合計400万円の借金を抱えていました。

そして、正社員から派遣に転職して返済が一気に難しくなり、自己破産を考えていました。

そんな時に法律相談所の匿名無料相談を利用してみたら、
過払い金請求と任意整理で解決できる可能性があるとアドバイス頂きました。

早速手続きを依頼したところ、過払い金請求をした後に任意整理をして、
利息をゼロにしてもらったおかげで借金の負担が200万円程減りました。

残った借金は5年かけて返済する計画を立てました。

借金のうち1つは連帯保証人がついていましたので、自己破産をしていたら
連帯保証人である親に迷惑をかけるところでした。

任意整理なら、連帯保証人に迷惑をかけずに行うことができます。

なお、借金返済では銀行引落しができませんでしたので、毎月指定の口座に振り込みする必要がありました。
1回だけ延滞してしまいましたが、急いで連絡をしてすぐに振り込んだことで許してもらえました。

任意整理後の借金返済では、延滞をしてしまうと契約違反となって
和解した内容が取り消されてしまうこともあるようなので気をつける必要があります。

現在は借金を完済して、普通の生活を送っています。法律相談所を利用して本当によかったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

連帯保証人がする過払い金請求は弁護士を利用した方がお得

借金をする時に連帯保証人をつける理由

主婦でもお金が必要な時がありますが、そんな時には借金をすることでお金を一時的に作ることができます。

借金をする時に高額であればあるほど連帯保証人をつけることが多くなります。

もし、返済の過程で過払い金が発生してしまった場合に、
連帯保証人でも過払い金請求をすることができるか問題になります。

そもそもここに出てくる連帯保証人とは普通の保証人とは違い、責任が重い保証人になります。

連帯保証人が他の保証人と違うところは、債権者が債務者に返済を請求せずに連帯保証人の所に請求に来ても
債務者の所に行ってくださいと言って債権者を追い払うことはできず、全額返済しなければならないことです。

また、債務者が返済できるだけのお金を持っていたとしても、それを調べてから
私の所に請求しに来てくださいとは言えず、問答無用で支払わなければならないことです。

連帯保証人が過払い請求することができる2つの場面

では、借金を返済する場面で過払い金が発生した場合、連帯保証人は過払い金請求をすることができるでしょうか。

この点、連帯保証人は過払い金を請求することができないという意見もあります。
ですが、連帯保証人は主債務を保証している以上、次の2つの場面において請求することが可能になります。

一つは債務者が借金を返済できなくなった段階ですでに過払い金が発生していて、
残債務を連帯保証人が支払った場合です。

残債務も当然過払い金になっていますので、これは主債務者が請求しなくても請求することが可能です。
当然、主債務者も自分で払った過払い金の分は請求できます。

もう一つは、債務者が借金を返済できなくなった段階でまだ過払い金が発生しておらず、
保証人が残額を支払い完済した場合です。

この場合は主債務者は自身に過払い金が発生していないため過払い金請求はできません。

過払い金請求をする場合は弁護士に相談した方がお得な理由とは

連帯保証人が主債務者に関係なく過払い金請求が可能であることはわかりましたが、
連帯保証人が法律の素人であれば請求をしても過払い金の半分も取り戻すことができないのが普通です。

そこで、弁護士を代理人として過払い金請求をするのが一番理想的です。

この点、弁護士を代理人にすると弁護士費用を請求されるため損だとする考える人もいます。
確かに、弁護士費用は決して易くはないと感じる人も多いでしょう。

ですが、たとえ弁護士費用を負担したとしても、なお弁護士を代理人にした方が良いと言えます。

煩雑な手続きをすべて任せることができ、時間的な余裕ができるからです。
また、弁護士は専門的な知識を持っているため素人よりも多くのお金を取り戻すことが可能だからです。

弁護士費用を払ってもなお、取り戻した額が大きいためトータルでは弁護士を立てた方がお得なのです。