自己破産で苦しい借金から解放された

法律事務所に相談したおかげで再出発できました(男性/50代)

男性/50代私は健康食品を販売するお店を経営していて、その土地と建物は自己所有していました。

総資産にしたら2億円程の財産を持っていたのですが、商品の安売り競争が続く中で薄い利益しか得られないようになり、貸し倒れなども沢山されるようになって商売があまり上手くいかないようになりました。

そんな時に古くからのお客さんがお金に困っていると言うので連帯保証人になったのですが、
それからしばらくするとそのお客さんは夜逃げをしてしまったのです。

そして、連帯保証人になったために2000万円を私が分割して銀行に返済することになりました。

息子を大学に行かせるための授業料も必要だったので、お店の土地と建物に抵当権を付けて銀行から1億円を借りました。

もちろん、1億円の負債に対する利息は月額にしても相当な金額で借金は膨れ上がるばかりです。
最後には銀行への返済が困難になったので、土地と建物を売って何とか銀行への借金は返済しました。

しかし、土地と建物を売った際の不動産譲渡に対する税金が非常に高く、とても返済できませんでした。

そんな時にある法律事務所に匿名で相談したら、解決策として自己破産を勧められました

思い切ってその事務所に自己破産を依頼したのですが、手続きが非常にスムーズに進んで、無事再スタートできました。
本当に良い法律事務所に出会えて良かったと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産は法律で認められた個人再生手段の一つ

個人の自己破産の費用は?

自己破産というと抵抗のある人も多いようですが、いざ踏み切ってしまえば
すべての借金が無くなることにより督促や返済からも解放され、精神的にも非常に軽くなるものです。

しかし、実際に自己破産をする場合にはそれなりに費用がかかります。

自己破産の手続きに入るには弁護士に依頼するのが一般的ですが、その費用は借金の総額や弁護士事務所によっても異なり、おおよそ15万円から20万円というのが目安のようです。

これはあくまで弁護士に支払う費用で、自己破産に関わる申請の為の書類の作成などの
様々な事務処理を法的に代行処理してもらう為の費用なのです。

これは経済事情によっては分割制度なども用意されているので、必要があれば事前に相談すると良いでしょう。

一通り書類が揃って裁判所に申立てする際には別途1万円程度の費用がかかりますが、
これは自己破産が成立した際の官報への掲載費用に充当されます。

自己破産によるメリットは?

裁判所への申立てが済み、一定の期間を経て裁判官の判断で自己破産が成立します。

成立した時の一番のメリットは、何と言っても借金の返済が一切免除されることです。

自己破産に踏み切るということは当然返済が困難になってしまった人が主なので、毎月の返済の負担はもちろんですが、
督促状や電話なども無くなるので生活も穏やかになります。

特に病気や何らかの事情を抱える人にとっては、すべての借金の返済が無くなることで
安心して治療に専念できたり、本来の生活サイクルに戻しやすくなります。

特に家族には秘密にしてカードローンやキャッシング、クレジットカードなどを利用し、
毎月その返済に奔走していた人にとっては、周囲に気づかれる心配も無くなることが何より大きな安心となります。

知っておきたい自己破産によるデメリットは?

自己破産のデメリットももちろんあります。このデメリットを事前に把握しておくことも非常に重要です。

まず一番生活に影響しやすいデメリットは、自己破産後はクレジットカードやカードローンが作れないことです。
個人の自己破産の場合には、最短でも5年間カードを作ることができなくなります

最近は支払い方法の条件がクレジットカードになっているものもありその場合は不便になりますが、これは最近増えているクレジット会社提携タイプのデビットカードで対応可能で、クレジット機能が無いものであれば作ることはできます。

そしてもう一つのデメリットは官報に掲載されてしまうことです。

しかし、実際には目にする人は非常に限られており、人に知られるというリスクはかなり低いものになります。