愛媛で自己破産して借金から解放されました

趣味の車による借金で自己破産しました(男性/30代)

男性/30代私は免許を取った後すぐに欲しかった車を買い、休みの度に車のメンテナンスを楽しんでいました。

普通に乗ることに飽き足らず、夢中で手を加え改造を繰り返すうち、
目立つことが快感で高額な凝ったパーツを見ると買うのを我慢できなくなりました。

給料の大半は車いじりのお金に消えていきました

そして、お金が足りなくなってきたので気軽な気持ちでキャッシングを利用し始めたのですが、
いつの間にか借金が300万円近くに膨れ上がり、20代の給料では返済が難しい状態でした。

キャッシング会社の督促も頻繁にきて、家族にも心配をかけていました。

車の改造どころか生活ができなくなってきたので、意を決して愛媛県の弁護士事務所に相談をしたところ、
借金の金額が大きいからと自己破産を提案されました。

自己破産には良いイメージはないですし、何もかも失うと思うと不安になりましたが、
弁護士さん曰く自己破産は法的な制度で若い年代の人のほうがやり直しがきくとの話でした。

今後借入もできなくなりましたが、借金はリセットされて無事返済から解放されました。

私の場合は、弁護士事務所にお願いしてから自分ですることは特に何もありませんでした。
今は落ち着いた日常を過ごすことができています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産は生活再建の正当な手段です

個人の借金が急増

ここ何年も続く不況から、個人でも借金を抱えてしまう人が増えています。

以前は借金と言えばギャンブル依存症であったり浪費する人に多い傾向がありました。
しかし、世帯収入の落ち込みから生活費の補填として借金をする人が目立っています。

そのため、主婦の借金が多いのも特徴です。

最近はまた規制が大きく変わりましたが、少し前までは収入の無い主婦でも
カード審査が通りやすい傾向にあったのも原因の一つと言われています。

今、生活費を借金で補う主婦は珍しくありません。

生活費を借金で補うのは健全ではありませんが、もちろん愛媛でも例外ではないのです。

クレジットカードの使い過ぎなど過払い金請求で済む程度なら良いですが、
数百万もの借金になってしまった場合には自己破産を選択する人もいます。

自己破産する意味

個人再生や自己破産をした場合には、その後5年程に渡ってカードの契約やローンの利用ができません。

その他官報に掲載されることになります。これはある意味大きなデメリットです。
しかし、借金の返済が長引きそうな場合やすでに返済自体ができなくなってしまった場合には大切な選択です。

借金は返さなくてはいけないものです。

しかし、ある程度の返済をしていたり、やむを得ない事情で完済が難しい場合には悩まずに決断しましょう。
借金の悪夢から解放されるだけでも生活は一変します。

特に返済が無ければ生活事態は普通にやっていけるという段階になっていたら、
自己破産する方が大きなメリットになります。

愛媛でも自己破産者は増えています。まずは自分の生活再建を考え、決断も大切です。

自己破産は誰に依頼すればいいのか?

個人再生や自己破産は裁判所に申し立てをしなければいけません。必要な書類も多く、個人ではなかなか無理なものです。

まず弁護士に相談しましょう。愛媛でも借金問題に強い弁護士はたくさんいます。インターネットで検索しても良いですし、弁護士を斡旋する機関に問い合せ、無料相談を利用するのも一つの方法です。

相談する際にはまず、借入先の一覧と借入総額の分かるものが揃っていると話を進めやすくなります。

弁護士の感触も良く費用の折り合いがついたら、そのまま依頼すると早期の解決も見込めます。
弁護士費用は事務所によって異なりますが、15万円~20万円程が相場です。

自己破産の場合にはこの他裁判所に1万円程を支払うことになります。

弁護士費用に関しては分割に応じてくれる所もあるのでそれを合わせて相談しましょう。