自己破産する場合は評判の良い弁護士に依頼

無料で何回も借金相談に乗ってくれた(男性/50代)

男性/50代私が経営していた会社の業績が悪化して、
会社を立て直すために新しい機械を導入しようと貯金を崩して購入しました。

しかし、予想に反して良い結果が出ず、生活費も無くなりキャッシングに頼る日々になりました。

そして、複数の金融会社から借金を繰り返していたこともあり、
返済ができなくなってしまいました。

このまま会社の経営を続けていくことにも限界を感じていましたので、
借金問題で評判の弁護士さんに相談に行きました。

借金問題に関する相談であれば何回でも無料ということでとても有り難かったです。

弁護士さんは借金の状況を把握するといくつかの解決策を提案し、それぞれの良い点悪い点を説明してくれました。
そして、今の私には自己破産することが一番良いと判断して手続きをお願いしました。

すぐに弁護士さんが金融会社に受任通知を送ってくれましたので、取立と返済が止まってホッとしました。

自己破産の申請書類の準備は法律事務所の方が丁寧に教えてくれましたので、
自分で用意することができましたし、免責許可の決定まで様々な面で助けて頂きました。

今では少ない収入ながらも自分で生活費が払えて貯金もできるようになりました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金の解決の鍵は弁護士にある

自己破産の進め方は?

自己破産は借金を抱えている人の最終的な手段です。そうは言っても最近では珍しいことではありません。

個人であれば借金の総額が300万~400万を超えてくる場合には自己破産を勧める弁護士が多いものです。
これは金利交渉などが難しく債務の減額が見込めないという数字の目安でもあるからです。

ですから収入によってはもっと低い金額でも勧める場合はあります。

自己破産はまず債権者と債務の総額を明確にし、資料を揃えて裁判所に申し立てをします。
資料は依頼者が協力しなければ進みませんが、裁判所に提出する書類は書式に沿って弁護士が作成します。

つまり、この段階でも弁護士の経験や手腕は問われることになります。

そこで口コミや評判を参考にする必要性が出て来るということです。

自己破産できるまでの期間は?

自己破産が成立するまでの期間は人それぞれ差があります。

早い場合は2ヶ月ほどで借金の免除が下りることになりますが、弁護士の実績にも左右されます。

まず、申立ての書類作成には1~2ヶ月を要するのが一般的ですが、
不慣れな弁護士の場合にはここで時間がかかる場合もあります。

もちろん、依頼者が必要な資料の提出に遅れないことも前提ですが、弁護士によっても遅れは出てしまいます。

また、申立てを行った後でも不備があれば裁判所に再提出や確認が求められます。
これらがスムーズにいくかどうかでも心証は変わってくる場合もあるのです。

つまり、早い解決が見込めるかそうでないかの鍵は弁護士が握っていることになります。

評判を見て実績を積んだ弁護士を選択することが大きく影響します。

裁判所との交渉が必要な場合も

自己破産は裁判所さえ通せば良いというものではありません。

債務の状況や借金の理由、また債務者によっては免除されないこともあります。

個人の場合でも何らかの事業をしていたり、場合によっては復業でも自営業とみなされ、
管財人をつけられることもあります。

管財人をつけることになると弁護士費用とは別に予納金が求められることになります。

予納金は25万円で、一括での支払いが原則です。
申立て後であっても裁判所の判断に対して弁護士が交渉する必要が生じることになります。

交渉に慣れていない弁護士や苦手な場合には、依頼者に不利なまま審議されることにもなりかねないのです。

まずは借金問題に関して実績がどれくらいか過去の事例や得意分野なども考慮し、評判の良い弁護士を選びましょう。