宮城で自己破産するにはどうすればいい?

主婦の心強い味方~債務整理を通して~(女性/30代)

女性/30代私は結婚して3年目になる宮城県在住の専業主婦です。

結婚する前は会社員として働いていましたが、
妊娠をきっかけに育児に専念しようと専業主婦になりました。

今までは給料があり、毎月支払いや自分のお小遣いとして使っていましたが、
専業主婦になると収入はゼロになり頼れるのは旦那の給料だけになりました。

恥ずかしながら若くして結婚したため貯金などはなく、毎月の支払いでいっぱいいっぱいの生活をしていました。

また、車がなくてはいけない土地柄なので車は必需品になってきます。

長年乗った愛車もお金がない時期に調子が悪くなり、病院代や結婚する前のローンなど
積もり積もって計算すると合計300万円ほどの借金がありました。

お金の管理ができない自分自身を責めましたが、決して浪費癖があるわけでもなく、
ただ普通に生活しているだけでこんなにお金が掛かっていることを目の当たりにした瞬間でした。

インターネットで自己破産に強い弁護士を検索したところ、
ちょうど私が住む家の近くで無料相談OKな事務所がありました。

早速そちらに伺って自己破産に必要な書類を書いて、その数ヶ月後には自己破産の手続きが完了しました。
難しい手続きがなく、私はただ待っているだけだったので大変助かりました。

今は借金に怯えることのない生活を送れているので、とても嬉しいです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産という選択肢

自己破産を考えるタイミング

カードローンやクレジットカードなどで借金を抱える人は増えています。

完済できることが望ましいですが、返済が困難になり自己破産を考える人も珍しくありません。
宮城でも何らかの事情で自己破産に踏み切る人は増える傾向にあります。

ところで、自己破産に踏み切るのにはタイミングも重要です。

個人であれば債務総額が60万円~70万円を目安に債務整理を考えるのが妥当であるとしている弁護士もいます。
しかし、総額がそれ以上では個人再生や自己破産に踏み切るのが賢明なようです。

いずれにしても、返済が困難になり家計を圧迫するようになったら自己破産を考えるのも大切な判断です。

返済のために借金を繰り返す最悪な事態を回避するためにも、
早い段階で専門家に相談し、適切な解決法を模索しましょう。

どこに相談すればよいのか?

宮城で自己破産をするには、弁護士に依頼するのが一番です。

まずは相談をして、自分の状況に合った債務整理の方向性を一緒に考えてもらう弁護士であることが第一です。
打ち合わせや細かい相談などを考慮し、宮城県内で探すことをおすすめします。

事務所によって様々ですが、相談する場合は30分程度でおよそ5000円が一般的な相場となっています。

最近は無料相談を設けているところも多いので、上手に活用してみましょう。
債務の総額が多い場合には自己破産が妥当ですが、まず自分の希望を伝えることも大切です。

弁護士は法律のプロとしてより良い解決方法を提案してくれるものです。

方向性が決まったら弁護士の指示に沿って必要な資料を揃え、あとは信頼して任せるのが一番です。

早期に解決して再スタートを

自己破産に踏み切るために弁護士に依頼する時には、まず着手金を支払います。

費用の相場は10万円~20万円が多いようです。

これは一括で前払いが原則ですが、経済的に厳しい状況であれば立て替えてもらえる機関もあります。
また、弁護士事務所によっては分割に応じてもらえる場合もあるので、気軽に相談してみましょう。

立て替え制度のある機関は全国にあります。宮城にも事務所があるので聞いてみるのも良いと思います。

弁護士の主導のもとすべての書類が揃ったら、裁判所に申し立てをします。

これは弁護士がやってくれるので安心です。その際に申立て費用として1万円程度がかかります。
これは弁護士費用とは異なるもので必ず現金での支払いになります。

裁判所で許可が下りればずべての借金が免除になります。

早期に解決をはかり、生活の再スタートをしましょう。