自己破産にはどんなデメリットがあるの?

本当に追い詰められる前に自己破産を考えてみて!(女性/40代)

女性/40代私は小さな手芸のお店を営んでいるのですが、
お店を拡大するために300万円の借金をして改築しました

しかし、その直後に体調を崩して泣く泣くお店を閉めることになり、
借金だけが残ってしまいました。

旦那は普通に働いていますが、あまり収入も良くないので
借金の利息を支払うことすら苦しい状態です。

そして、自分に一番合っていそうな弁護士先生を探して相談してみたところ、
私の事情ならば自己破産して借金をなくしたほうが良いと言われました。

破産は怖いものではないのかと聞くと、先生は丁寧にメリットとデメリットを説明してくれました。

その説明に納得した私はすぐに手続きに入り、持っている財産をある程度処分する必要はありましたが、
苦しんでいた借金はスッキリとなくすことができました。

先生も自己破産に慣れている方を選んだからか、とてもスムーズだった気がします。

こんなことならもっと早く相談しておくべきでした。

自己破産にはその後に借金がしづらかったり、財産を処分するデメリットがありますが、
それ以上にメリットは大きいです。

一人で悩んで追い詰められるくらいなら、とにかく一度弁護士先生に相談してみて、
自分のケースが自己破産に適しているか知っておいた方が絶対に良いです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産のデメリットは信用を失うことです

自己破産をすると信用を失います

自己破産をすると、それまでにした借金をすべて帳消しにすることができます。

銀行や信販会社、消費者金融からの借金はもちろん、友人から借りていたお金なども整理の対象になります。
逆に、とある借金だけは整理をせず、返済を続けるということができません。

友人から借りた借金だけは返済を続けたいと思っても、それはできません。「債権者平等の原則」があるからです。

当然、借金を帳消しにされた金融機関や友人からの信用は失います。

また、借金に連帯保証人がついている場合には、連帯保証人の義務までが免除されるわけではありませんので、
連帯保証人に一括で請求が行ってしまいます

自己破産は重大な契約違反にあたるので、分割払いの権利も失われてしまいます。

連帯保証人が借金を一括で返済できなければ、連帯保証人になってくれている人までも
債務整理をしなければならなくなる場合があります。

関係者に大きな迷惑をかけてしまうということも自己破産のデメリットです。

信用情報ブラックリストに載ってしまう

自己破産をすることの大きなデメリットは、信用情報ブラックリストに載ってしまうことです。

個人信用情報機関におよそ5年~10年もの長い間、「異動」の記録が残ることになります。

ブラックリストに載っている人にお金を貸してはいけないという法律はありませんが、
過去に自己破産をして借金を踏み倒した人にお金を貸したいという人はいないでしょう。

クレジットカードは作れませんが、デビットカードやプリペイドカードは問題なく使用できます。

しかし、自動車ローンや住宅ローンはだれもが利用するローンですので、
その審査に5年~10年間通らないということは人生プランに大きな影響が出てしまうことがあります。

車がないと生活ができないような地域に住んでいる人は、
自動車ローンが組めないと生活に大きな支障が出るかもしれません。

借金問題は、早めに解決してしまいましょう

自己破産には、「会社をクビになる」、「賃貸の部屋を追い出される」、
「戸籍に一生残る」といったデメリットもあるという噂がありますが、この噂はデマです。

自己破産は借金で生活破綻に陥った人が人生を再スタートさせるための制度です。

このような生活の再建に大きな支障が出てしまうようなデメリットはありません。

しかし、自己破産は家族や友人に大きな迷惑をかけてしまうこともありますので、
なるべく自己破産をしなければならないような状況になる前に借金問題を解決してしまうことが理想です。

早い段階で弁護士などの専門家に相談をすれば、任意整理で解決できる可能性もあります。

任意整理では対象とする借金を自由に選べるので、連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理をすることができます。
借金問題は早めに解決してしまうことが重要です。