自己破産をしたらどうなるの?

自己破産すると、迷惑をかけてしまうから(女性/40代)

女性/40代私はクレジットカードで買い物をした請求分を消費者金融で補うという完全な自転車操業に陥っていました。

借金総額は気づけば300万円に。その上、仕事もうまくいかず日々の生活も苦しくなりました。
そこで、知り合いに「自己破産したら」というアドバイスを受けたのです。

自己破産することにより借金はちゃら、人生をやり直せるという話でした。正直、心が動きました。

働いても働いても、借金を返済するとほとんど手元に残りません
さらに、支払いのほとんどが利子に充てられ、元本が全然減らないのです。

こうなると、底なし沼状態です。そこで、本気で自己破産について調べてみることにしました。

すると、自己破産したら連帯保証人に請求がいくということを知ったのです。これは大変です。。
私を信じて連帯保証人になってもらっているのに、裏切ることなどできません。

でも、このままでいいはずがない…。

そして、思い切って債務整理の専門家に相談してみたところ、任意整理で何とかなりそうだと言われました。
まず、過払い金が見つかったのでそれの請求で借金総額が減りました。

さらに、利子の交渉をしてもらい、月々の返済額を大幅に抑えることができたのです。

おかげで自己破産せずに借金地獄から抜け出ることができました。本当にあの時、債務整理の相談をして良かったです。
これからは取り立てに苦しむことなく、家計を立て直すことができそうです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

自己破産手続きにおけるメリットとデメリット

自己破産手続きは地方裁判所を通して行われる

一般に借金が返せなくなってしまった場合の債務整理の仕方には4つの方法があり、
それぞれ「任意整理」「特定調停」「個人再生手続」自己破産と呼ばれています。

このうち「任意整理」は、裁判所を通さずに行う債務整理の方法で、
弁護士や司法書士と債権者との間で交渉を行い、現在ある借金を整理することを言います。

「任意整理」以外の3つは、それぞれ裁判所を通じて行われる手続きで、
「特定調停」は簡易裁判所、「個人再生手続」と自己破産は地方裁判所を通して実施されます。

自己破産したら何もかも終わってしまう、人生が一変してしまう、と考えることは誤りです。

自己破産とはあくまでも法律的な手続きであり、そのことによって
債務者の今後の生活を立て直していくためにある制度なのです。

自己破産におけるメリット

自己破産したらすべての借金が無くなるのか、と言うと、端的に答えると「YES」ということになります。

自己破産における最大のメリットは、ある一定の制約と引き換えに現在あるすべての借金を帳消しにするということで、これにはローンやクレジットなどの借金の他、電話料金などの未払い金も含まれています。

ただし、電気料金や水道料金、税金や国民健康保険の保険料などは該当しませんので、注意が必要です。

また、債権者からの督促がある場合、弁護士や司法書士によって支払督促の停止に関する連絡が行われた後は、
債権者が督促状を送ったり電話をかけたりするなどの、債務者への督促行為はできなくなります。

この連絡は、通常債務者が弁護士や司法書士に自己破産手続を正式に依頼した直後に行われますから、
債権者からの督促が続いていて不安だという人は、その時点で肩の荷を降ろすことができます。

自己破産におけるデメリット

もちろん、すべてが債務者の都合の良いように行くわけではありません。

先述のように、地方裁判所によって個人の自己破産が決定した後は、
債務者はいくつかのデメリットを負うことになります。

その1つは、官報に住所と名前が記載されるということです。

これによって、債務者が借金を返せずに自己破産をしたという情報は公になることになります。
また、自己破産後何年かは、新たに借金をすることができなくなります。

もちろん、お金が返せなくなって自己破産をしたのですから当然のことなのですが、これは、自己破産という
「返済事故」の情報が個人の借金の状況などを記録した指定信用情報機関の「個人信用情報」に記されるためです。

この記録は7~10年間残ります。

その他にも、一定期間特定の職業につけなくなるなどのデメリットがあります。

このように、自己破産したらすべてを失ってしまうわけではありませんが、
債務者は今後の生活に対してより一層の責任をもって当たることを要求されることになるのです。