借金問題を抱えたまま結婚した主婦の体験談

隠していた結婚前の借金を債務整理しました(女性/30代)

女性/30代私は結婚5年目の主婦ですが、去年まで独身の頃に作った借金が80万円ほどありました。

入籍までに借金問題のことを話そうと決意していたのですが、
どうしても主人に打ち明けられず、隠したまま結婚をしました。

最初は「共働きしながら内緒で返済していけばバレないだろう」と思っていたのですが、
主人の転勤により仕事を退職することとなり、私個人の収入がなくなってしまいました。

また、引越し先が田舎だったため、なかなか新しい仕事も見つからず、
その間もどんどんと利息が膨らんでいく不安からノイローゼのようになってしまいました。

私の体調を心配する主人に対して申し訳ない気持ちもあり、ついに借金のことを打ち明けました。

主人は呆れていましたが、幸いにも見捨てられることはなく、一緒に弁護士事務所へ相談しに行くことになりました。

自己破産するのかと絶望的な気持ちになりましたが、弁護士からは
「その程度の借金なら任意整理をして返済していきませんか」と提案して頂きました。

任意整理のことは知らなかったのですが、自己破産と違い
ペナルティがそこまで重くない債務整理の方法と説明を受けました。

実際に、弁護士費用も総計で5万円程度と想像よりずっと安く済みました。

おかげで膨らんでいた利息は全額カットされ、借金元本のみを返済すれば良い
という条件で交渉をまとめて頂けました。

すぐにパート仕事を見つけ、私の収入を全額返済に回したため一年もかからずに完済できました。

助けてくれた主人と任意整理を勧めてくれた弁護士に本当に感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金があるけど結婚・・・。それってあり?

愛があれば借金問題なんて関係ない?

結婚すると普通は生活実態が一つになりますよね。

同じ部屋に住んで生活費の管理も一緒になるのが普通です。

借金の存在を結婚相手に隠しているという場合、
借金問題が結婚生活に悪い影響を与えてしまう可能性が高いです。

「愛があればお金の問題なんて関係ない」そんな風に思っていたとしたら、少し認識を改める必要があります。

日本の離婚原因の8割以上はお金の問題だと言われています。

結婚直後であったとしても借金の存在が相手に分かったことで
関係がすぐにうまくいかなくなくなるケースは想像以上に多いといえるでしょう。

現在借金問題を抱えている方は、可能であれば早期に借金を完済してしまう、
または債務整理などの方法によって借金を減額してもらって借金問題を解決しておく必要があります。

債務整理は結婚相手に内緒でできる?

債務整理によって借金の減額をしてもらうことを選択するという場合、いくつか注意するべき点があります。

ここでは結婚相手には借金の存在を内緒にしているのを前提として、
なんとかばれずに借金問題を解決する方法がないか?を考えてみます。

まず、債務整理には3種類があることを知っておきましょう。

任意整理・個人再生・自己破産がそれですが、このうち同居している結婚相手に
バレずに借金問題を解決するなら、任意整理を選択するのが適切です。

任意整理以外の方法(個人再生と自己破産)は、同居している人の収入の状況や
財産の残高などを裁判所に対して申告する必要があるためです。

これらは通常直近の給与明細数ヶ月分や、銀行通帳のコピーなどが必要になるため、
同居している人の協力がないと手続きそのものをすすめることが難しいといえます。

任意整理だと本当にばれないの?

任意整理だと本当に結婚相手に借金問題を知られずに解決することができるのでしょうか?

結論から言うと、非常に高い確率でバレずに借金減額をしてもらうことが可能ということが言えます。

任意整理を行う時には、多くの場合弁護士などの専門家に依頼することになりますが、
弁護士は依頼者の立場で最も利益になるように行動してくれるのが普通です。

依頼者が結婚相手には絶対に借金の存在を知られたくないという希望を持っているのであれば、
それをできる限り実現するのが専門家の使命ということですね。

具体的には債権者側との交渉などはすべて代行してくれますし、
債権者側からの連絡はすべて弁護士を通して行うように計らってくれます。

また、専門家に手続きを依頼すると受任通知などにより、
債権者側からの取り立てを完全ストップしてくれるなどの対抗手段もとってくれますよ。