自営業に失敗して特定調停した女社長の話

業績アップを狙ったばかりに詐欺師に目をつけられた!悔しい!(女性/30代)

女性/30代20代の時に独立して、それから着々と業績を上げてきました。

女性の社長としては、結構頑張っていた方なんじゃないかな。

うちは社員も全員女性なんですけど、みんなやる気のある子ばかりで、
女性をターゲットにした新商品をガンガン開発してくれました。

そんな中、一昨年あたりから、どうも業績の伸びが前年に比べて落ちてきたなと思いまして。

そんな焦りを感じていたところで、自営業の経営者が集うバーで知り合った自称・社長から、
高額な“業績アップセミナー”に勧誘されたんです。

「これはチャンスだ!」と思って、その場で参加の意向を示しました。

ところが、いざ参加してみると「たったこれだけの内容?!」って感じなんです。
そしたら「これ以上の秘密を知りたければ、さらに上級クラスの受講を」と勧められるんですね。

まあ、情報にはそれなりのお金がかかるものだと思っていましたから、次々と受講しました。

最後の方はもう焦って、自分の給料を削って借金してまで受講しました
大切な社員たちの給料を下げたくはなかったですからね。

そのうち、うちに一番長く務めている子に「社長、何ヵ月も自分の給料を止めて、どうしちゃったんですか?!」
って驚かれて、高額セミナーや借金のことがバレました。

それから彼女に説得されて、法律事務所へ行って特定調停の手続きをすることに決めたんですよね。

「私、騙されてたんだ」って、そこでようやく気づきました。
結局、社員に助けられました。会社のみんなに感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

他の社員の人にも債務整理のことはバレなかったの?

私は、あるひとりの社員の助言によって借金地獄から抜け出せました。

信頼していて口の堅い子にバレるのは問題なかったのですが、
自営業の社長が借金をしているなんて他の社員に知られたら……信用を失ってしまいますよね。

でも、債務整理をしても会社に知られることはないと弁護士に教えてもらったので、それほど心配していません。

債務整理をして人にバレるとしたら、それは自宅に届く書類か、
個人の携帯電話にかかってきた電話がもっともあり得るところでしょう。

しかし、法律事務所から書類が送られてくるときは、封筒などから内容が周りの人にバレないように工夫がしてあります。

また、電話をかけてもらう時間帯も、こちらで調整ができるようになっています。
他の社員にバレるようなことはこれまでにありませんでしたから、それほど気にすることもなさそうですよね。

どうして特定調停を選んだの?

私が債務整理の方法の中でも特定調停を選んだのは、
“官報”という冊子に名前が載らないという点がもっとも大きいです。

債務整理の中には、借金を大幅に減らしてもらえる代わりに、
誰でも読める雑誌に名前が載ってしまうというデメリットを伴う方法もあるのです。

自営業だと、どうしてもそういった世間体を気にしなければなりませんでしたから、
弁護士の先生に相談した上で、そう決めました。

それから、いざという時は自分で手続きできるのも特定調停のメリットのひとつです。
私は結局、弁護士の先生に間に入ってもらうことにしましたが、やろうと思えば自分で裁判所へ行って手続きできます。

このとき、手続きのコストが低いのも特定調停が多くの人から選ばれる理由なのです。

騙されて借金しても自分で返さなければならないの?

高額セミナーでお金を使い過ぎなければ、私がポケットマネーをつぎ込み、借金をすることはなかったでしょう。

そうはいっても、効果が得られなかったとはいえ、私はセミナーをきちんと受講したわけで、
お金を返してなんて言える立場ではありません……。

騙されたと言えばそうかもしれませんが、こうして考えている間にも利息は増え続けるのだし、
それなら早めに債務整理をするべき
だと考えたのです。

債務整理をすると、それ以上利息がかさんだり、借金が増えたりすることはありません。

悩んでいる時間がもったいないですから、迷ったらまずは弁護士に相談してみた方がいいかもしれませんね。