消費者金融の借金の元金が減らない場合

借金生活から抜け出す一歩に(女性/30代)

女性/30代私は当時、彼氏と同棲していました。

しかし、彼氏が仕事をせず、私のバイト代だけで生活するのは
限界があったので消費者金融でお金を借りました。

その時は返す金額も数千円で済んだので、余裕ができたらすぐ返済していました。

その後も働かない彼に貢ぎ続けている状態は変わらず、少しずつ借りる金額も増えていきました。

借りては返すを繰り返していた頃、限度額を上げる案内が届きました。私はすぐ飛びつきました。
毎月の返済額は変わらず少なかったので助かったのですが、ついに限度額いっぱいまで借りてしまいました

もうこれ以上お金を借りることはできません。あとは毎月返していくのみです。

額は少ないのだからコツコツ返せば大丈夫と考えていたのですが、
何年も返済しているのに中々借金が減らないことに気付きました。

そこで、初めて明細の内訳を見てみたのですが驚きました。

返済しているのはほとんど利息で元金に充当されているのは少しだけだったのです。

どうりで減らないわけだ。。本気でこれからのことを考えなければいけないと思いました。
でも、どこに相談すればいいか分からず一人で悩んでいた時、借金解決に関するサイトを見つけました。

そこでは匿名で簡単なシミュレーションができたので、人にバレたくない私にはとても有難かったです。

おかげで今後どのようにして借金を返していくかの方向性を見出すことができ、やっと前向きに考えることができました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

消費者金融の借入で元金が減らないあなたに

まずは過払い金の計算を

消費者金融から借金をしていて、負担が大きいと感じた時にとる方法として、
おまとめローンや借り換えローンという方法があります。

金利の低いローンに借り換えることで解決できたなら、なんら契約違反にはならないので一番良いでしょう。

しかし、元金が減らないというような状況ですと、借り換えをして
金利の負担を減らしたくらいでは解決できないケースが多いです。

そのような時は、債務整理を検討してみましょう。

消費者金融で長く借りている人は、過払い金が発生している可能性があります。
まずは過払い金が発生していないかを調べてみましょう。

過払い金を引きなおし計算することで、借金を完済できているケースもあります。

過払い金を引きなおし計算した後もなお借金が残っている場合には、それを任意整理することになります。

任意整理で解決できればデメリットは少ない

任意整理をすると、高い確率で利息と遅延損害金を免除してもらえます。

消費者金融からの借金の元金が減らないという状況は、かなり深刻な状況です。

しかし、消費者金融の金利はかなり高いので、利息を免除してもらえることで
大きく借金の負担を減らすことができるでしょう。

任意整理にはデメリットがありますが、自己破産や個人再生に比べるとデメリットは小さいです。

マイホームを失わずに解決できますし、連帯保証人に迷惑をかけない方法もあります。

およそ5年間はクレジットカードやローンの審査に通らなくなりますが、
自己破産や個人再生をした場合はもっと長い間ローン審査に影響します。

借金問題で困ったらなるべく早い段階で弁護士などに相談をして、任意整理で解決してしまうことがおすすめです。

最後の手段として自己破産がある

任意整理で解決ができない場合には、個人再生や自己破産を検討することになります。

消費者金融からの借金の元金が減らないという状況では、自己破産も検討しなければならないかもしれません。

個人再生と自己破産では法律によって明確なルールが決められていますので、
法律で決められたルールに従って手続きが進められていきます。

個人で行うこともできますが、弁護士に依頼をするのが確実でしょう。

自己破産では借金をすべてゼロにすることができますが、
資産をすべて没収されてしまうという大きなデメリットがあります。

また、5年から10年という長い間ブラックリストに載ってしまい、クレジットカードやローンが利用できなくなります。

自己破産は最後の手段でありできるだけ避けるべきですが、
生活破綻に陥っている場合にはメリットのほうが大きい場合もあります。