消費者金融の借金を任意整理で解決する

パチンコにはまって借金をしてしまいました(女性/30代)

女性/30代結婚してすぐの時、夫が仕事の関係で長期出張をすることになり、
私は一人で生活を送ることになりました。

新居は夫の地元で私は結婚をきっかけに仕事を辞めたので、親しい友人とも離れてしまいました。
そんな寂しくつまらない毎日だったので、つい刺激を求めてパチンコをしてしまったのです。

ビギナーズラックで最初は勝ってもすぐに負けるようになって、
なんとか取り返そうとお金をつぎ込んでいった結果、生活費が尽きました。

ただその頃にはパチンコ依存症になっていて、
独身時代の自分の貯金を崩すもそれでは足りずに消費者金融に手を出してしまったのです。

これまで一度も借金を経験したことがなく、勝ってすぐ返せばいいと
甘く考えていたらすぐ利息がふくれ上がってしまいました。

両親や夫に話せずに焦っていた時、たまたま電車広告で見つけた法律相談所に行ってみることにしました。

そして、弁護士さんのアドバイスの元、任意整理をすることに決めました。

おかげで借金を減らすことができて、パチンコからも遠ざかり私は働き始めました、
借金は良くないことですが、一人で抱え込まずお金の専門家に相談することでピンチを奪取することができます。

最初は怖いかもしれませんが、借金は放置すると増えていく一方なので、早めの決断と行動が返済の近道になります。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

消費者金融業者を取り巻く環境も視野に入れる

消費者金融業者から借入を繰り返す人

今では消費者金融業者から借入をする人は多くなっており、ネットを使って申し込むことができるのも大きな特徴の一つになっています。

ありとあらゆる分野において、ネットワークサービスの充実ぶりが恩恵をもたらしていることから、
簡単にショッピングなどの買い物をしてしまう人が急増している現状もあります。

そんな中において、気軽に消費者金融業者から多くの借入をしてしまうという傾向があります。

自ら世帯主として稼ぐ人も多く借入をしているようですが、主婦の借入も目立っています。

順調に返済しているうちはいいのですが、夫の退職や病気などを契機にして
返済困難に陥る人も多く、問題視されつつあります。

弁護士や司法書士などに任意整理を依頼する人も多くなっています。

法律の専門家としての役割

消費者金融業者から借入を繰り返したあげくに支払困難に陥り、弁護士や司法書士に相談をする人は
増加の一途をたどっているという事態をあちらこちらで目にするようになってきました。

弁護士や司法書士にとっては、もちかけられた相談に真摯に向き合って解決策を探っていくことが仕事になります。

まずは面談を行い、現状の借入状況や収入額、生活費などのヒアリングを行い、方向性を決めていくことになります。
任意整理や自己破産、民事再生手続きなどの中から最も相談者に適している方法を見つけていくのです。

依頼者である債務者本人に代わって、消費者金融業者などの債権者と交渉をしなくてはいけないのです。

法律の専門家として、相談者に有利なような解決策を導きだすことが求められます。

何かと楽になる支払い

昔のように高金利で商売を行う消費者金融業者は、ほぼ姿を消しました。

いわゆるグレーゾーン金利の撤廃などによって、
消費者金融業者の経営環境が悪化し、廃業や縮小を余儀なくされたのです。

このように消費者金融業者を取り巻く環境には劇的な変化があるものの、
借入の需要が衰えることは決してありません

任意整理や自己破産、民事再生手続きなどの件数が減らないことがその結果を物語っています。

一人で悩むことよりもプロに相談をすることの方が得策であることに気付くことが大切です。
早めに相談することによって、支払が楽になることはもとより、精神的なストレスからも解放されることになるのです。

任意整理をすることになった場合には各弁護士事務所によって異なりますが、
振り込みにかかる手数料等も削減することができるのです。