母親の借金相談を弁護士に依頼しました

借金問題を迅速に解決してもらえました(女性/40代)

女性/40代私の母親はストレス解消でパチンコに行くことを好んでおり、
休日には開店から閉店までパチンコをしていることも多かったです。

自分の給料の範囲内で遊ぶには良いと思って口を挟むことはありませんでしたが、
どうも給料以上のお金をパチンコにつぎ込んでいたようです。

それが分かったのは、金融会社から督促の連絡がきた時です。

パチンコにのめり込むあまり、手持ちのお金が無くなるとキャッシングでお金を借りていたのです。
そして、どんどん借金が膨らんで返せなくなくなった時、母親から相談を受けました。

家族で話し合っても自分達では解決方法が分からなかったので、法律事務所に借金相談に行くことにしました。

法律事務所では休みなくいつでも問い合わせを受け付けてくれ、
借金相談であれば無料で何度も相談に乗ってくれましたのでとても助かりました。

弁護士さんは法律について知識の無い私たちにも理解しやすいように説明してくれ、
私たちにとって一番良い解決方法を提案してくれました。

母親の借金は過払い金が発生することも分かり弁護士さんがすぐに動いてくれましたので、
返ってきた過払い金で残りの借金を返済することができて心底ホッとしました。

弁護士さんに相談することで迅速に解決できて本当に良かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

身内に相談できない場合は弁護士などに相談してみよう

借金相談はどういうことを話す?

借金を抱えた時はなかなか相談しにくいものであり、
身内に相談することができなければ友人などにも相談しにくいものです。

となると、少し厳しくなってくるわけですが、借金相談をしたいと思った時は、弁護士に相談してみると良いでしょう。
仮にも母親や父親に相談してみると、説教されてしまうという不安があります。

ですが、弁護士に相談すれば、説教されることもありませんし、
返済するためにはどうすればよいかという返済計画を一緒になって立ててくれます。

弁護士に相談する時は、無料の場合が多いため気軽に相談できます

前向きに借金返済を考えている人は、身内を頼るよりもまずは弁護士に相談してみて、
どれくらいの借金があるかということを把握したうえで身内に相談してみるとよいでしょう。

借金相談を弁護士にする時は何が必要?

借金相談をする時に弁護士に相談することがありますが、
必要なものはどのくらい借金をしているかということを証明できる書類です。

証明といっても、支払っている利子率と借金額を把握していれば特に問題はありません。

それらがわかったら、ある程度の借金額を出していきます。

それがあまりにも莫大の場合は専門家を交えて相談をしていきますが、
数十万円単位の少額の借金であれば、特に専門家を通さず相談していきます。

大まかな額がわかったら、返済計画を立てていって徐々に返済していけばよいです。

そして、ある程度返済して額も少額になり始めていった時にはじめて母親に相談してみるとよいでしょう。

少し厳しいですが、身内に相談しなければ解決しない問題も存在します。

母親に借金相談をする勇気がない時は?

借金相談は意外と誰にもできないものです。

気軽に相談できることではないため、自分で抱え込んでしまう人が多く存在するのです。
ましてや、母親や父親に関しては自分の身内で自分を生んでくれた親という立場ですから、余計相談しにくいわけです。

あまりにも莫大な借金を抱えている場合は余計相談しにくいわけですが、
一度相談してみないとわからないこともあります。

借金をしている時は返済することだけを考えてしまうため、目先のことしか分からなくなってしまいます。

身内に相談してみると、解決するための方法を一緒に考えてくれる可能性もあります。
また、弁護士に相談するよりも有益な場合もあります。

ですから、勇気がなくても一度話してみるのも方法の一つです。母親に限らず友人でも良いでしょう。