夫のいない母子家庭で借金返済が滞ってしまいました

結婚、そして離婚…私たち母子家庭に残された借金(女性/30代)

女性/30代20代のころからクラブでホステスをしていました。

10年ほど前にお客として知り合った男性と交際するようになり、ほどなくして結婚しました。
それを機に退店し、数年後には子供も生まれました。

幸せを絵に描いたような生活を送っていましたが、
夫の浮気が発覚し、話し合いを重ねましたが5年前に離婚しました。

子供は私が引き取ることになり、私たちは親一人、子一人の母子家庭となったのです。

今となっては浅はかとしか言えませんが、元夫への信頼感を
完全に失っていた私は養育費を一切受け取らない決断をしました。

一度は専業主婦となった私ですが、子供を育てていくために再度水商売の道へと戻ることにしたのです。

決して楽ではないものの子供を問題なく食べさせていくことはできました。
しかし、そんな矢先に当時働いていた店の経営者が蒸発してしまったのです。

私は路頭に迷うことになってしまいましたが、子供だけは人並みの生活をさせたいと思い、
生活費を工面するために消費者金融からお金を借りました

今もホステスを続けていますが、入退店を繰り返す私に関する悪い噂が広がっているようで、
なかなか一つの店で長続きしません。

収入も安定せず、借金返済も滞ってしまっています

もともとそれほど向いている仕事とも思っていませんが、取り立ての連絡も相まって精神的にもまいってしまいました。
せめて子供の未来だけは守らなければと思い、弁護士に相談し債務整理に向けて行動しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

母子家庭でも債務整理できるの?

「債務整理って誰でもできるのかな?」とは借金をしている人なら誰もが考えていると思います。

借金に困っていながら、状況や借金理由によっては債務整理ができない人もいるというのが一般的なイメージなはずです。
私の場合も母子家庭ということがネックになり、債務整理ができないのではないかと思っていました。

私はこれ以上耐えきれないという状況で弁護士さんに相談しましたが、
母子家庭でも債務整理できると聞いたときは本当に安心しました。

弁護士さんが言うには、債務整理には特定の条件はあるものの
母子家庭といった家庭状況は関係ない
そうです。

それを聞いたときはもう少し早く相談しておけばよかった…と思いましたが、
いずれにせよ借金を整理して子供を食べさせていくことが一番重要です。

ですから、母子家庭でお子さんを抱えるお母さんも、借金返済に困っているなら速やかに弁護士さんに相談してください。

債務整理をしても子供の進学に影響はないの?

債務整理をすることによる子供への影響も、当然気になっていました。

ごはんを食べさせていくのは最低限のことです。
それだけではなく、私の借金や債務整理によって子供の可能性が制限されるようなことは避けなければなりません。

こちらに関しても弁護士さんから詳しく伺いましたが、
私が債務整理をしても少なくとも子供の進学に悪影響を与えることはないようです。

債務整理をするといわゆる“ブラックリスト”入りとなりますが、その事実を教育機関が知ることはできません。

ただし、子供のために私の名義で教育ローンを借りたり、私が奨学金の保証人になったりすることは、
ブラックリストに名前が載っている間はできないようです。

また、ブラックリスト入りするのはあくまで私であり、子供の信用情報にも影響はないということです。

子供もいつか大人になれば、クレジットカードを持つことになると思います。
その時に、私の過去の行いのせいで子供がクレジットカードを作れないということもないそうです。

そもそもそのころには私のブラックリスト入りも解除されているでしょうね。

債務整理において水商売はネックになる?

私は弁護士さんとの相談の末、任意整理という債務整理方法を選びました。

これは債務者にとって無理のない返済計画を債権者の合意のもとに打ち立て、返済していく方法です。
返済義務が消えるわけではありませんので、当然借金を返済していける安定した収入は求められます。

逆に言えば、収入さえ安定していれば職業が問題になることはないということです。

私のように水商売をやっていても、債務整理はできるのだそうです。
ただ、私の水商売での収入は安定にも届かないような状況でしたので、これを機に昼間のパートも始めました。

返済が落ち着いたら夜の仕事からは足を洗いたいと考えています。