横浜で過払い金請求を検討中の方

100万円以上戻ってきました(女性/40代)

女性/40代私は横浜で飲食店を経営しているのですが、不況のあおりで莫大な借金を抱えてしまいました。

主人は店をたたむ考えでしたが、他に仕事が見つからず困りました。
来年は子供が受験という大事な時期なのに、借金で首が回らなくなってしまったのです。

数人いた従業員は全員辞めてしまい、300万円ほどあった借金は
実家の両親が見るに見かねて返済してくれました。

私は少しでも過払い金を取り戻したいと思ったので、
横浜で評判が高い弁護士に手続きを依頼しました。

初めてのことばかりでしたが、分かりやすく説明して頂き安心感がありました。

そして数週間後、過払い金が戻ってくるという知らせを聞き、その額を聞いて驚きました。
なんと、108万円の過払い金が手元に戻ってきたのです。

払い過ぎていた利息がこんなにもあったなんて…戻ってきたお金をすぐ両親に返済しました。

残りは働いて返したいと思っています。借金がなくなり、気持ちががスッキリしました。
あとは、飲食店の方をもっと売り上げが上がるように頑張りたいと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

横浜で請求依頼するメリットとは?

返還請求は時効があります

過払い金請求に時効がある話を聞いた事があるのではないでしょうか?

結論で言えば時効は10年になり、平成18年の利息制限法改正から平成28年で丁度10年になります。
気になるのは起算日点つまり時効までのカウントダウンが「いつ」から始まったのか?です。

平成21年の裁判で起算日点は取引が終了した時点を採用していますので、もう遅いと思わずに
起算日点がいつだったのか忘れたなら弁護士や司法書士に相談してみると良いですね。

横浜には多くの弁護士・司法書士事務所がありますので、幾つかピックアップして
無料相談や家族への秘密度など自分に合った条件の事務所を探す事が可能です。

事務所の敷居が高いと感じても相談センターを設けている事務所が多数あるので、そこからスタートするのも良いですね。

請求依頼する事務所選びのポイント

まず過払い金について専門知識があるかどうかですが、判断材料としてウェブサイトなどで
専門知識について紹介している・実績数が記載されているなどがあります。

また依頼着手などの費用について明記されているかも大事で、どこまでが無料なのか明朗会計な事務所を選びます。

直接会わないと請求依頼契約が結べませんので、交通アクセスなど無理がないかも大事なポイントです。

横浜であれば交通アクセスの点では最適で、近くに良さそうな事務所が
見当たらない時などでも訪問しやすい環境にあります。

また、依頼を受けてからのスピードも大事ですぐに対応してもらえるかもポイントになりますので、
相談した際に回答がどの程度の時間かかるのか確認しておきましょう。

意外と規模が大きな事務所の方が人員の余裕があるので短い期間で対応してくれます。

弁護士と司法書士どちらが良いのか?

弁護士は法律業務に制限がありませんが、司法書士は基本的に登記や供託などの事案について相談を受けられます。

ただし司法書士が受けられるのは140万円未満の事案に限りますので、弁護士過疎地域に居住しているなら近くの司法書士に相談して受けられない事案であれば、横浜など交通アクセスの良い都市部の弁護士事務所に相談するのも手です。

また、弁護士協会などが主催する法律相談会などが行われていますので、
出席して過払い金について相談してみるのも良いですね。

注意点は裁判になったら司法書士では受けられませんので、万が一に備え弁護士に依頼するのがベストです。
報酬については弁護士・司法書士共に上限が設けられているので「どちらが安い高い」と言った極端な事はありません。

司法書士の中には権限外なので弁護士と同じ金額で裁判でもサポートできる体制を整えている事務所もありますが、
弁護士はすべて任せられますのでどちらを選ぶのかは一目瞭然ですね。