借金返済できない年金生活者の解決方法

結局、自己破産することになりました(女性/50代)

女性/50代私の両親には多額の借金がありました。

それが発覚したのは、父の糖尿病が悪化し入院した時でした。
なんと入院費を払うお金すら残っていない状態だったのです。

2ヶ月に一度振り込まれる国民年金を60才からもらっていますが、2人合わせてもわずか16万円ほどしかなく、借金の返済どころか生活費まで全然足りていませんでした。

私は考えたあげく、近くの弁護士事務所をネットで探してホームページから相談メールを送りました。

次の日に弁護士の先生から連絡が入り、借金の詳細が分かるものや通帳などを用意した上で
直接事務所に相談に行くことになりました。

そして、弁護士の方と相談した結果、借金がかなりの金額だったため
過払い金がどれだけあるかを調べた上で自己破産が最適ということでした。

この時、年金生活者でも債務整理は可能ということを知りました。

結局父の名義のクレジット会社から過払い金が多くあり、父の借金はゼロにすることができました。
母の方は過払い金はなかったため、自己破産の手続きを進めてもらいました。

その後、無事借金からは開放されました。

しかし、借金がゼロになっても年金生活では厳しいため、生活保護を受けることになりました。
貯蓄もなく年金だけの収入で借金返済をしていくことはとても無理だと痛感しました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

返済できない借金は債務整理で解決しよう

生活費のために増えた借金は法律事務所に相談しよう

高齢者になってくると年金生活をしている人が多くなるために、特に国民年金によって家計をやりくりしている時には、
それだけでは生活費が苦しくなってくることが考えられます。

生活費が不足している時には、手軽に借金をする方法として消費者金融のカードローンを使うこともあるでしょう。

消費者金融によっては、年金生活者であっても利用できる
カードローンが存在していますので、借金をしてしまう可能性があります。

融資を受けたとしても収入が年金によるものしかない時には、借金返済ができなくなることも予想されます。

いざ借金返済ができない事態に陥ってしまうことも想定して、
事前に債務整理についての知識を身に付けておくことがおすすめです。

自分自身だけで借金について悩むことなく、専門家のいる法律事務所に相談することで
法的な手段で解決を目指すことができます。

年金生活者の借金問題は自己破産で解決できます

債務整理の方法としては、自己破産や任意整理が代表的な手続きとなります。

年金生活者で生活費を工面するために消費者金融から借金をした結果として、
借金返済ができなくなった場合であれば自己破産の手続きが認められます。

自己破産は地方裁判所に申し立てをすることで手続きを進めることができますが、
債務者個人では法的な書類の作成などが必要となるために、弁護士などの専門家に依頼して行うことが一般的です。

自己破産ではすべての借金返済義務を免除してもらうことが可能ですが、
どのような債務の状況であっても認められるというわけではありません。

一定の条件を満たすものや、借金が増えた理由についても確認されますが、
年金生活者が生活費のためにした借金であれば認めてもらうことができます。

自己破産をした時には、弁護士費用として30~40万円ほどの費用がかかりますので、
分割払いが可能な法律事務所を選択しておくことがおすすめです。

財産のある年金生活者は任意整理を選択できます

自己破産の場合には、保有している財産を処分して債権者に分配しなければなりません。

そのためにある程度の財産がある時には、別の債務整理の方法として任意整理を選択したほうが良いことも考えられます。
どのような債務整理が最適なのか自分で判断できない時は、法律事務所に相談することで弁護士が調べてくれます。

財産を保有している年金生活者であれば、任意整理を選択することで借金問題を解決できます。

弁護士に任意整理の依頼をして、消費者金融と交渉をしてもらうことで
払い過ぎている金利分があるか調べてもらえますし、借金額を減額できる可能性もあります。

任意整理では減額された債務について引き続き借金返済していく必要がありますので、
年金による収入の範囲内で無理のない支払いをしていけるように交渉してもらうことになります。