妻の莫大な借金を債務整理をしたことで解決できた

妻の借金で弁護士事務所に相談に行きました(男性/30代)

男性/30代独身時代にキャリアウーマンとして働いていた妻ですが、私と結婚してすぐに妊娠して、
仕事内容がハードだったこともあり辞めることにしました。

そして、これは本人も納得してのことですが、
生まれた子供が体が弱く仕事に復帰するのが難しくなってしまいました。

そのため、専業主婦になってもらいましたが、仕事に対する気持ちがあったのか私に隠れて株に手を出していて、マイナスを取り返すためにカードローンで莫大な借金を作っていたのです。

打ち明けられた時は呆気にとられましたが、やるべきことは事実を正しく確認すること、返済をどうするかでした。

自分では良い方法が思いつかず、妻を連れて弁護士事務所に相談に行って、
債務整理を勧められてその中で任意整理を行うことに決めました

借金の額そのものは大きく減ることはありませんが、負担となっている高い利息が少なくなるのは大きなメリットでした。

デメリットとしてはクレジットカードが作れない、ローンが組めないといった問題がありますが、
それらはメリットに比べれば些細なもので受けることにしました。

大部分は自分の貯金を崩して返済して、その後は二人で働いて返していきました。

時間はかかりましたが、何もしなかったらもっと大変なことになっていたと思うので、
最悪の事態になる前に打ち明けて、すぐに弁護士に相談したのは良い決断でした。

恥ずかしいかもしれませんが、自分たちで抱えているよりも専門家に相談した方が良い結果になると知りました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金を抱えている妻が家族に知られずに問題を解決する方法

旦那に内緒で借金している時は弁護士に相談しよう

ひと昔前であれば、消費者金融などから融資を受けることができるのは会社員だけでした。

しかし、近年では様々な職業の人が借り入れできるサービスが行われているために、
収入の少ない妻であっても借金をしている場合があります。

主婦向けのカードローンであったり、パートをしていれば融資を行っている消費者金融が存在しているために、
昔と比べて妻が借金をしていることも珍しくありません。

融資を受けることができても、毎月の返済金額にしっかりと
支払っていくことができなければ、借金が膨らんでしまう結果となります。

妻である人にとっては、旦那に知られることなく問題を解決したいと考えている人も多いと言えますので、他の金融業者から融資を受けることを選択するよりも、債務整理の受付をしている弁護士に相談することがおすすめです。

旦那や家族に知られない解決法として任意整理が最適

妻の場合にはパートなどで収入を得ていたとしても、毎月の返済できる金額に限度があると考えられますので、
多額の借金を抱えている時には元金を減らすことが難しい場合が多いです。

早めに借金返済を諦めて弁護士に相談すれば、状況を把握して最適な債務整理の方法を提案してもらえます。

妻にとっては旦那や家族に知られずに債務整理の手続きを進めたい人が多いですので、
その場合には任意整理が最適な方法と言えます。

任意整理であれば裁判所を経由しないで行える債務整理になりますので、
裁判所から通知が自宅に届けられる心配もありませんし、旦那の収入証明書などを裁判所に提出する必要もありません。

弁護士に依頼をすることで、消費者金融との交渉を全面的に弁護士に代理してもらえますので、
精神的にも安心できる方法となります。

任意整理なら財産を失うことなく解決を目指せます

任意整理では借り入れ先の金融業者から、過去の取引履歴を開示してもらうことで、
法律で規定されている以上の金利で支払いをしていないか確認をします。

借金額の再計算をした結果、払い過ぎている金利分がある時には、
交渉をして減額や金利の削減の和解を締結することが可能です。

任意整理であれば自己破産のように手続きが成立したからといって、
保有している財産を失うリスクはありません

自分名義の住宅や自動車などの財産がある時であっても、保有したまま手続きを進めることができます。

その反面、すべての借金についての返済義務が無くなるわけではありませんので、
債務が減額された場合であっても3年程度の期間で完済を目指すことになります。

そのために収入が少ない妻の場合には手続きが行えない可能性もあり、
その場合には自己破産についても検討する必要があります。