夫の借金1000万円を弁護士に依頼して解決

やっと借金生活からの出口が見えました(女性/40代)

女性/40代私の夫は小さい会社を経営していましたが、景気が悪くなるにつれ資金繰りが厳しくなりました。

それでも社員には給料を払わなければいけませんし、会社の運営資金が足りなくなればキャッシングで借りて何とか会社の操業をしていましたが、ついに返済が滞るようになりました

そして、借り入れが1000万になった時にもう自分達だけで解決するのは不可能と感じ、
インターネットで借金問題に詳しい法律事務所に相談に行くことにしました。

すると、弁護士さんが無料で相談に乗ってくれ、一つ一つ確認をしながら解決方法を考えてくれました。

借り入れ額も1000万と多いので自己破産をすることに決まったのですが、
過払い金請求もできるとのことでそれもお願いしました。

まず過払い請求をして、返済金が戻ってきてから自己破産の手続きをしたのですが、
弁護士さんがタイミングを見計らって迅速に動いてくれたおかげで無事に借金問題を解決することができました。

金融会社からの督促もすぐに止まったので、安心して生活ができるようになり本当に嬉しいです。

こちらが納得するまで何度も説明してくれた弁護士さんに感謝の言葉しかありません。

弁護士さんはどんな些細な悩みにも相談に乗ってくれますので、
借金問題で悩みがあれば一度法律事務所に行ってみることをお勧めします。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

夫に1000万の借金があることが発覚!考えられる解決方法は?

借金を減額してもらうことができる?

夫の借金が1000万円以上あることが発覚!そんな時にどうするべきかについて考えてみましょう。

まず、その借金全額を返済できる収入があるのであれば特に問題はありません。
借りたものは全額きちんと返すのが基本です。

問題は現在の収入から考えて借金全額を返せる見込みがないという場合です。

その場合には、何らかの形で借金の減額を認めてもらうことを考える必要があります。
日本の法律では、このように借金の返済ができない人を救済する制度として「債務整理」というものが認められています。

債務整理とは債権者側との話し合いによって、債務を減額したり免除してもらったりする方法です。

債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼することでスムーズにすすめることができます。

どの債務整理を選択するべきか?

どの債務整理の方法を選択するべきか?は借金を負っている人の財産の状況や、
毎月の収入金額から適切に判断する必要があります。

また、夫の名義となっているマイホームがあるかなどによっても、
どの債務整理の方法を選択するべきかは変わってきます。

消費者金融や銀行からの借金が1000万円を超えているという場合には、多くの場合毎月の返済額が非常に大きくなってしまっていますので、個人再生や自己破産などを使って借金元本についても減額してもらうのが解決への近道でしょう。

任意整理だと利息の免除のみで、元本は減額されないことがほとんどです。

債務整理は債務者本人が自力で行うことも法律上可能となっていますが、
ほとんどの人が弁護士などの専門家のアドバイスを受けることで自分にあった方法を選択しています。

専門家への相談は無料でできる場合がほとんどなので、
心配な方は一度専門家の事務所に相談に行ってみると良いでしょう。

家族で協力して解決するという姿勢が大切

借金を作ったのは夫なのだから、自分が迷惑を被るのは許せない!1000万もの借金を隠しているなんて・・・。

そんな気持ちはよくわかります。しかし、借金の問題を一緒に解決するという経験は
家族の絆をより強いものに変える可能性があります。

債務整理を上手に使えば、現在の収入金額に見合った債務残高に調整することはそれほど難しいことではありません。

任意整理や個人再生を使えばマイホームを失うことなく借金の減額をしてもらうことも可能ですし、
場合によっては自己破産を使って心機一転再スタートするという方法もあります。

大切なことは少しでも早く行動することです。借金は1日行動が遅くなるとその分利息がついてしまいますよ。

まずは弁護士や司法書士などの専門家の事務所に相談にいくことから始めてみましょう。