多重債務を解決するための具体的方法

過払い金請求をしてよかった(男性/50代)

男性/50代私は複数の金融機関から借金をしていました。

最初は銀行で正当な利子率のもと借金をしていましたが、
信用を失って徐々に借金ができなくなりました。

そこから別の金融機関で借金をして、最終的にはサラ金に手を出してしまったのです。

多重債務を繰り返していると常に考えることは返済のことばかりであり、
お金ができたらすぐに返済をしていたと思います。

その私が多重債務を解決した方法はずばり、債務整理です。

弁護士事務所に談してみて分かったことは過払い金が発生していることでした。
複数の消費者金融から借金をしていましたが、サラ金からの借金が多かったので不当な利息を取られすぎていたようです。

借金総額はだいたい300万円ほどあり、返済する目処も立っていない状況でしたので、
少しでも少なくするための過払い金請求をしたというわけです。

実際に弁護士事務所で請求の手続きを行ってみると、ほとんど借金を返さなくても良くなりました。

どういうことかというと、今まで支払っていたのはすべて利息であり元金よりも利息が上回っていたため、
過払い金請求を行えば元金を支払えるようになるとのことでした。

つまり、過払い金が元金を超えていたということです。

やはり、キャッシング経験がある人は過払い金請求をしてみるべきだと思います。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

多重債務に終わりを告げよう!やるべきことと心構え

借金を返すのだと決心をする

多重債務に悩む多くの人は、他人に知られずに1人で解決してしまいたいと願う人です。

誰にもバレずに返済をしたいという思いから、別の金融会社から借金をし、
それで既存の借金を返済し、また別の会社から借りて…と繰り返していくのです。

しかし、このような自転車操業で完済できる見込みはあまりないというのが現実です。

膨らんでしまった借金を返すというのは、普通の人が1人で解決してしまえるほど簡単なことではありません

家族や専門家にも協力してもらう必要があります。

これ以上借金を増やさないと強く決心し、借金の事実を家族に伝え、解決の可能性をより拡げるのです。
さらに、完済に向けて行動するならできる限り早く着手することが大事です。

早く着手すればするほど、問題を小さく済ませられます。

現状を把握する

多重債務返済の決心ができたら、まずは自分がどれだけの額をどこから何件借入ているのかをリストアップしましょう。

この作業は次のステップである、専門家への相談と解決の前に自ら行っておくべき作業です。
借入先、借入を行った日時、金額、利率、借入期間、その他の条件などをひとつひとつ確認し、表にまとめていきます。

また、返済状況も併せて表を作っておくとよいでしょう。

このような表を作ると、自らがどれだけの借金を背負っているのかを数字で把握することができます。
さらに、借入日や返済のペース、どのような借入先から借りているのかなどから借金の行動パターンも見えてきます。

この表を作っておくことで、専門家へ相談する際にスムーズに詳細を伝えることができます。

専門家の協力を得る

多重債務整理の専門家とはひと口に言っても弁護士や司法書士、その他相談員などがいます。

直接法律事務所を訪れることに対して抵抗のある方は、
まずは国によって設立された法律問題解決のための総合案内所に行ってみてください。

無料で相談を受けてくれます。ただし、場合によっては弁護士や
司法書士をたずねるよう指示されることもあるかと思います。

その場合は、都道府県の弁護士会や司法書士会、または簡易裁判所に行って、
多重債務整理を扱っている弁護士・司法書士を紹介してもらいましょう。

専門家とよく相談し返済計画をたてる、あるいは自己破産をするかたちで借金を解消しましょう。

また、専門家に相談すると過払いが見つかり、借金額を減らすことができる場合もあります。
過払いとは法律で定められた以上の利息で借金を支払っていることです。

このような場合もありますので1人で解決しようとせず、家族と専門家の協力を仰ぐのが肝要です。