浪費癖がたたり、東京で債務整理の相談をするはめに

浪費癖が祟り借金、任意整理させていただきます(男性/30代)

男性/30代昔から洋服やバックが大好きだった私ですが、
会社員になって自分で自由に使えるお金ができたことで、浪費癖は加速していったのです。

実家は福岡でうるさく言う家族も近くにいないので、東京生活を謳歌しまくっていたのは言うまでもありません。私はちょっと顔には自信があり、言い寄って来る女性はいまだに数えきれません。

今の彼女も付き合って半年で、意外と続いているほうだと思います。

かっこよく身なりを整えれば、それだけ男も上がると思っていました。

スーツも1着20万を超えるものがほとんどで、ブランド物で埋め尽くされた
クローゼットを見た歴代の彼女たちがドン引きすること少なくなかったと思います。

私の浪費癖を知るとフェードアウトしていく女性もいました。

恐らくカードの利用明細をこっそり見てしまったとか、そういうことだと思います。
長年に渡り150万円をリボ払いしているので、請求額が全く減ることはありませんでした。

ある日、今の彼女が真剣な面持ちで話をしてきました。

私と結婚する気がないなら別れるし、結婚を考えているなら、
この借金をどうにかしてよ!と利用明細を片手に握りしめ、詰め寄ってきたのです。

私はあっけにとられると同時に、こんなこと言ってくれたのはこの子が初めてだなと
頭から氷水をかけられたような衝撃を受けました。

このとき人生で初めて結婚という二文字を意識し、二人で話し合った末に債務整理をすることで話は落ち着きました。

予約した弁護士事務所には二人で出向き、この返済が終わる来年の春には入籍する予定でいます。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

東京でオススメの弁護士事務所はありますか?

「東京 債務整理」で検索してみてください。数えきれないほどの弁護士事務所がヒットします。

私の場合は彼女が一緒についてきてくれたので、あまり自宅から遠くない事務所ということと、
勤務に支障がでないように土日も相談できる点を選びました。

それでも絞り切れないほど多くの弁護士がいますので驚きです。

私は彼女を連れていった事務所とは別に、いくつか相談だけで伺ったところもあります。

担当してくれる人の雰囲気や親身になってくれるかどうかは
会ってみるとわかりましたので、ある程度絞っていくことができました。

オススメというのは一概には言えませんが、自分のライフスタイルにあわせて
相談に行けることも大事ではないでしょうか。

不安でしたら、メールでも相談も受け付けてくれます。

紹介などもアリですし、自分に合う弁護士が一番だと思います。

私の場合はリボ払いが膨らんでしまった借金でしたので、取り立ての電話があるといったことはありませんでしたので、
比較的余裕をもって自分の気に入った弁護士を見つけることができましたよ。

債務整理後にローンはできますか?

私のように結婚を控えているのであれば、今後住宅ローンを検討することもあるでしょう。

債務整理をしたあとは信用情報に登録されてしまうため、
新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることはできません

将来的にはマンションを購入したいと考えていますが、
しばらくは頭金を貯める期間ときめて焦らず、マイホームの検討はしようと思っています。

幸い彼女も派遣社員として結婚後も仕事を続けてくれると言っていますし、
信用情報のことはあまり気にせず、まずはあと少し真面目に借金を返済していくつもりです。

信用情報は5~10年記録されます。

進めていく債務整理の手段により期間が変わってきますので、覚えておくと今後に役に立ちますよ。

債務整理に必要な書類は何ですか?

私が債務整理を行う際に弁護士に用意するよう言われたのは次のものです。

身分証明書、債権者リスト、借り入れの際の契約書、借金明細、クレジットカード・キャッシュカード、
印鑑、源泉徴収票、預金通帳、資産を証明できるもの(生命保険証券、不動産の登記簿謄本)などでした。

弁護士事務所によって求められる書類も変わってくるかも知れませんが、
必要書類を一覧にされていましたので、淡々と準備していきました。

揃えるものが難しいといった印象のものは一つもありませんでしたので、意外にスムーズに手続きも進みます

弁護士に相談するきっかけを作ってくれた彼女には生涯感謝していきたいです。