来店不要で債務整理の手続きってできる?

わずかなやり取りのみでOKでした(男性/30代)

男性/30代私はサラ金3社から180万円の借入と、クレジットカード会社の
リボ払い200万円の合計380万円の借金がありました。

東日本大震災前はここまで多くなかったのですが、転居が必要となり増えてしまいました。

毎月の返済額が13万円と膨れ上がっていたためにおまとめローンを検討して、
申込を行ってみたのですが否決されてしまいました。

何か良い方法は無いか調べているうちに法律事務所の借金無料診断ページを見つけました。

地方都市に住んでいる関係で都内まで出ることが中々難しかったので、
ネットで債務整理の相談ができたのは嬉しかったです。

そして、紹介された司法書士の先生は全国対応のために来店不要で手続き可能となっていました。

やや手続き内容が複雑なことから、わざわざ私の最寄り駅まで来て頂いたことは感心しました。
そして、債務整理の内容を相談した結果として、私の場合は自己破産を選択することになりました。

私が裁判所へ行く際に付き添って頂いたので、合計で2回司法書士の先生とお会いしただけでOKでした。

認定司法書士であれば免責審尋の際にのみ立ち合いをお願いする形になりますが、
それ以外は電話とメールと書類のやりとりのみで済みました。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

金利の高くなりがちな返済の対処法

利用を控えめにする

借金はできればしないことが最も望ましいですが、生活する上で何らかのまとまったお金が必要になったり、
場合によっては生活費など必要なお金まで困窮してしまうこともあります。

そんな時には、お金を借りるというのも選択肢の一つですが、利用には気をつけたい点もいくつかあります。

中でも、来店不要で利用可能なカード会社などでは金利が高い傾向が見られます。

これらは始めの利用がしやすいということ以外に、キャッシングや口座振り込みといった
利便性の高い利用方法ということもあって、さらに利用しやすい側面があるのです。

しかし、金利の高い金融商品は利用を控える心がけをしないと、
元金より金利だけの返済になりやすく債務整理を招きやすいのです。

利用する場合には最低限の金額に抑えるようにしましょう。

返済をスリムにする

来店不要で借入が可能な金融商品には、即日振込や使い道を問われずに
申請も楽であるというメリットもあり、急な出費には確かに心強いものです。

時間がない場合や致し方なく利用してしまった場合には、
余裕を持って金利を抑えられる金融商品を借りるなどして早期に全額返済するのも賢明な方法です。

しかし、借入金額や収入状況、使い道によっては低金利の金融商品は何かとハードルが高いのも事実です。

申請にも様々な書類の提示を求められるものです。
低金利の金融商品への借り換えが困難で、さらに返済が厳しいと感じたら早めに債務整理に踏み切るのも大切です。

返済方法を模索しての自力完済は理想ですが、素人考えで悪化させてしまうより、
弁護士に依頼して早い段階での生活の再建を目指しましょう。

弁護士に依頼する解決方法

ところで、弁護士に依頼するのはどうしたら良いでしょうか?

多くの場合には、通常の暮らしをしていれば弁護士には無縁な人が多いものです。
まず、債務整理を決めた時点でWEBや無料相談を利用して信頼できる弁護士を探します。

どのような弁護士が理想的かと言えば、まずは債務整理の実績が豊富であることです。

そして、一緒に解決に向けて寄り添ってくれる弁護士であることも大切な条件の一つになります。

特に、来店不要なキャッシングなどでできた借金の整理となると、
やむを得ない事情を抱えた場合でもなかなか理解を得られない事務所も中にはあります。

困っている時には、まず精神的に寄り添いながら債務整理のプロとしての実績の高い弁護士事務所を選び、
一日でも早い健全な生活を取り戻すきっかけにするのが最良の手段です。