京都で弁護士に依頼して債務整理します

取引先の倒産で、担当の私が責任を問われ借金を背負いました(男性/30代)

男性/30代浄水器を販売する小さな会社の京都支店に来てから半年、
すでに営業職を10年は続けているでしょうか。

規模は小さいながらやっと就職できたので、大抵のことは我慢してきました。
ある日、何気なく入った営業先で大口注文が私に舞い込みました。

入社してから初めてのことで、
私はチャンスを逃してたまるものかと強引に契約まで取り付けました。

取引額が1,000万円を超える大口顧客はこれまで例がなく、社内に持ち帰ると支店長が私をハグするほど
喜んでいたのは記憶に新しいところで、しばし私は強運に浸る日々でした。

その取引先への納品はすでに終了し、翌月の入金を待つばかり…。

そんな時飛び込んできた、今回の取引先の倒産話に会社も私も言葉を失ったのは言うまでもありません。

しかしこれは悪夢の序章に過ぎず、売掛金の回収ができないことが確実になると、
会社は低姿勢ながら私の責任を問いました。

信用調査しなかった会社側の責任もあるので、売掛金を折半で代償を提案されたのです。

目の前が真っ暗になりましたが、裁判で戦う気にもなれず500万円をやむを得ず代償することになりました。
もちろん貯金などなく、ローンを組み支払いました。

その後数年は返済を続けましたが、全く減らないという事実に愕然としました。

私はやむを得ず地元で弁護士事務所に出かけ、個人再生という方法を使って債務整理をスタートさせました。
会社へのしこりは今後消えそうになく、債務整理が終えたら前向きな転職を検討します。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

住まいは京都ですが債務整理はできますか?

債務整理をするにあたり、住まいは関係ありません

京都は大きな町ですが、地方に住んでいる場合は弁護士が出張で近くに来てくれ、相談に乗ってくれるという機会もあります。また、大きな弁護士事務所では全国に支店を構えているため、どこにいても相談はできるのだということがわかります。

京都もたくさんの弁護士事務所があり、正直どこに行こうか迷いました。

ネットでいろいろと検索してみるとメールで相談に応じてくれるところもあります。

交通費をかけるのが厳しい場合や仕事の都合でどうしても日程を調整できないといった場合は、
メールを使ってもいいと思います。

私も仕事を持っており、電話に連絡がきても取れないこともあるので、
日中の連絡はメールにしてもらうなどの対応をしてもらいましたよ。

個人再生と任意整理ではどちらがオススメでしょうか?

個人再生と任意整理の違いはいろいろあります。

個人再生で債務整理を行った場合の最大の利点は、借金の大幅な減額ではないでしょうか。
今回の私の借金は500万円超えていたため、5分の1までに借金が減額されました。

単純に計算して100万円を3年かけて返済すればよいので、生活が困窮する心配もありませんでした。

個人再生と任意整理では弁護士事務所に支払う費用が大幅に違ってきますので、
まずは分割で弁護士への費用を支払い、そのあとに個人再生での返済をスタートさせました。

個人再生は裁判所を通す手続きで、任意整理は裁判所を通さない債務整理の方法です。

それぞれに特徴がありますので、私がどちらかをオススメすることはできませんが、
弁護士が個々に応じたベストな手段を提案してくださるはずですよ。

個人再生の特徴は何ですか?

個人再生の特徴は減額が大きい点と、財産を残しながら借金を整理していけるという点です。

債務整理の方法はいくつかありますが、唯一強制的に家や車などの資産として
みなされるものを手放さなければならないのが自己破産です。

手元にある財産を借金の返済に補填する代わりに、抱えている借金をゼロにできるという利点があります。

3~5年かけても返済できない借金の場合は、個人再生での減額を目指すか自己破産という選択になるかと思います。
個人再生は債務整理の中でも比較的新しいとされる制度で、任意整理と自己破産の中間的な役割を担った制度と言えます。

自己破産というとネガティブなイメージが強いため、個人再生という制度があり私としては大変助かりました。