債務整理するなら、やはり弁護士事務所が一番

整体マッサージ通いで借金を作り、債務整理した話(女性/60代)

女性/60代私は63歳の派遣社員です。食品会社の工場でライン作業に従事していますが、
今の仕事は好きでできれば定年後も働きたいなと考えています。

仕事に関しては問題のない生活でしたが、この年を迎えてさすがに健康には
気をつかうようになり、たまに病院のお世話になったりしています。

工場の流れ作業は立ち仕事ですので、腰に大きな負担がかかります。

それで、整体マッサージに通うようになりました。

私が利用している整体院の先生はとても腕が立つことで知られ、実際にここに通うようになってとても体が楽になりました。そこで、最初は週に1回だったのが、いつか毎日、勤務が終わればマッサージをお願いするようになりました。

確かに体調もよくこれだと仕事の立ち作業も問題ないのですが、とても私の収入では通えません。

そのため、カードローンで借金してまで整体通いするようになりました。
毎日マッサージをしてもらうため通院していると、それなくしては仕事にも行けないほど、私の体に染みついてきました。

月々の返済も気にならなくなり、限度額が超えれば新たに上乗せして、マッサージ通いに使いました。

これは自分の生活のため、健康のため、生きるためと割り切って利用していたのですが、借金を返すために複数の借入先を作るようになってからは、「このままだとさすがにやばい」と思うようになり、弁護士事務所に相談することにしたのです。

最初は法律書を買い込んで、自分で債務整理にチャレンジしようと思いましたが、
弁護士さんに相談してからはそれはやめたほうがいいと分かり、先生にお願いすることになったのです。

何とか完済できる金額に軽減でき、ほっとしています。マッサージ通いもほどほどにしなければいけませんね。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

債務整理は自分でやるのは無理ですか?

債務整理は債務問題に詳しい弁護士もしくは司法書士に依頼するのが一般的です。

しかし、代行を義務づけているわけではありません。
自分でやろうと思えばできますが、これにはかなりの法律知識と労力を必要とします。

債権者との交渉、裁判所に提出する書類作成、申し立ても全て自分でやる必要があります。

社会人であれば仕事をしながらの業務となりますので、大変なエネルギーがないとつとまらないでしょう。
何より、債務整理をするだけの法律や金融の知識が一般人にあるでしょうか?

任意整理の交渉となると、百戦錬磨の債権者を相手にしなければなりません。

もし債務整理に失敗すれば、全ての努力が水の泡になってしまいますよね。
やはりここは無理をせず、弁護士さんにお願いするのがベストでしょう。

弁護士事務所に依頼するメリットは何ですか?

弁護士事務所に債務問題の解決をするメリットは、たくさんあります。

新たな返済方法を決める債権者との交渉や煩雑な書類作成、
裁判所への申告などの手続き業務はすべて代行してやってくれます。

依頼者はすべて弁護士さんにあずけて仕事に集中できるわけですから、平穏な生活を送れます。

債務整理は弁護士の他、司法書士も代行して業務を行えます。
しかし、司法書士の場合は個別の債権額が140万円以下のケースに限定されていて、ちょっと不便だといえますよね。

弁護士事務所に依頼すれば、債務総額に関係なく、相談も手続きも裁判所への申し立てもできます。

債務整理を活用するには、やはり弁護士事務所に相談するのがベストといえますね。

弁護士事務所にお願いする場合、お金はいくらくらいかかりますか?

債務整理を弁護士にお願いする場合、一番気になるのが費用の問題かもしれませんね。

細かい料金設定は事務所ごとに異なりますが、大まかにいうと弁護士さんに支払う料金は“着手金+報酬”ということになります。着手金というのは、債務整理をしたかどうかに関わらず、弁護士事務所へ支払う手数料です。

これは借入先1件につきいくらという具合ですので、多重債務を抱えている方は着手金も多く支払う必要があるでしょう。

報酬は借金を減額できた分の何%かを支払う仕組みです。
これも事務所によって設定がまちまちですので、必ず相談のときに問い合わせるようにしましょう。

ちなみに、初回相談料はどの弁護士事務所も無料で行ってくれるところがほとんどです。

相談料にお金がかからないというだけで、依頼者にとってはありがたい
ですよね。