多重債務で返済が大変な方にお勧めしたい債務整理

多重債務の債務整理は件数が多いほど費用もかかります(女性/50代)

女性/50代両親の借金や生活費の負担で家計が苦しくなり、キャッシングを繰り返すうちに
支払いが困難になって多重債務者になりました。

どんなに働いても返済が追い付かないので、弁護士さんに相談することにしました。
借金の件数や金額を伝えると、任意整理という方法が私には最適とのことでした。

早速手続きを依頼したのですが、任意整理をする会社の件数分だけ着手金がかかります

私の場合は主人名義のものも合わせると、8件任意整理をするカードがありました。
一件につき2万だったため、着手金で18万でその他の費用を合計すると約35万円になりました。

それでも任意整理することによって減額される借金の方が断然多いので、メリットはあります。

なお、私が依頼した弁護士事務所は分割での支払いが可能だったため有難かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

複数の借金で苦しむ方への救済措置

多重債務の解決を急ぐ理由

多重債務とは複数の金融機関などから借り入れを行い、返すべき金額が多く返済に困っている状態を指します。

無計画に借り入れをした人だけでなく、生活費等の必要経費を1社から借り入れ、
返済に充当するために他の会社のローンを利用し、借金の残高が大幅に増えて困っている人も多く見られます。

返済できない場合はその場しのぎで借り入れするのを止め、一刻もはやく債務整理をして借金を解決する必要があります。

ほとんどのローンでは金利が複利計算で、元利均等返済方式によるリボ払いを採用している場合が多いです。

早く元金を返済しないと残高がなかなか減らずに支払総額だけが増えることになり、
多重債務となると更に多くの残高が雪だるま式に増えていくことになりかねません。

まだ、借入残高が少ないうちに早めに手を打てば、
債務者に適した債務整理に合わせて色々な手段から選ぶことが可能です。

法律の専門家への相談で早期解決

債務整理をするには手続きが煩雑なこと、多重債務の場合は複数の借金の相手先と交渉をするのは非常に難しいことから、
弁護士や司法書士に相談して力を借りる必要があります。

ただし、債務整理をする際に多重債務の総額が140万円を超える場合については、
弁護士しか対応できないと決められています。

交渉がこじれて相手先の金融機関から地方裁判所に提訴された場合も、
弁護士なら代理人として法廷に出向くことが可能となります。

相手先とトラブルになりそうな場合や複数の借り入れの総合計が大きくなりそうな場合は、
最初から弁護士に相談をするといいでしょう。

法律事務所に相談するには、地域の公共施設の無料法律相談会に出向くか、
法テラスに相談して面談日を予約するか、大手の法律相談所の出張相談会を利用するといいでしょう。

最初の相談は無料になる場合がほとんどです。多重債務者には手持ちのお金がない場合が多く、
着手金をなしにしたりかかった費用を分割払いにしたりして、支払いやすくするように配慮してもらえる場合があります。

早期解決できれば周囲に知られる心配は無用

債務整理を法律事務所に依頼した後は、金融機関側に債務者の代理人として
借金の窓口になるという内容の受任通知を送ってもらえます。

受任通知が金融機関側に届くと督促状や電話連絡が家に来ることがなくなりますので、同居している家族に知られにくくなり、多重債務に陥っていることも債務整理をしている最中であることも内緒にしやすくなります。

借金の金額がそれほど多くないうちに相談をして、毎月定期的に支払いができるようなら、
裁判所で手続きする必要のない任意整理による債務整理もできます。

官報にも公表されないことから、周囲の人にも知られることなく借金の解決が図れます

任意整理の方法ならすべての借入先を債務整理の対象とせずに、
金額が大きい所だけを対象に解決することも可能となります。

自身でどの債務整理方法にしたらいいか判断が難しいことがありますので、
適切な方法を法律事務所側で決めてもらうといいでしょう。