埼玉で債務整理の手続きを検討中の方

任意整理を選びました(男性/30代)

男性/30代消費者金融からの借入が3社になり、総額260万円となってしまったため
毎月の返済額が9万円に達しました。

残業続きの時には残業代が5万円を超えており、ここから支払いを行えていたのですが、
ある日突然ノー残業のお達しが出てしまい困りました。

ノー残業が一時的なものではなく継続的なものであり、
副業も禁止されているためどうにもならない状況に追い込まれました。

そこで、債務整理の手続きが可能な弁護士事務所を埼玉県内で探して実際に伺ってみました。

債務整理の方法には任意整理、民事再生、自己破産など複数あることをこの時に知ったのですが、
最初の借入時期や返済期間、現在の支払い能力などにより最適な方法を選択する必要がありました。

私の場合には、3社中2社に過払い金があり借金の減額効果が高いことから任意整理という形になりました。

和解交渉を弁護士の先生が代わりに行って頂けたので、私は書類の準備をする程度で済みました。
また、出張で契約処理や和解処理を行って頂けて事務所への来店不要であったことが助かりました

今では貯蓄に励むようにしています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金の悩みは一人で悩まずに相談しよう

裁判所を介さず可能な任意整理

債務整理の中でも任意整理は裁判所を介すことなく行えるので比較的周りに知られる可能性が低いと言えます。

今まで払いすぎた高利息部分の金額を元本返済にあて、
これから払うであろう利息をカットすることなどで大幅に借金を減らせるでしょう。

長期間にわたって高利の借入をしていた場合は借金がゼロになったり、過払い金が戻ってきたりというケースもあります。

実際、埼玉でも多くの方が任意整理で生活を立て直しお金の不安から解放されたという事例があります。
任意整理を依頼した時点で貸金業者からの督促も止まり支払いもストップするので安心して行える手続きですよ。

まずは、どれぐらい借金の減額が可能なのか、月々の支払いはどうなるかなど弁護士に相談することで明確になりますよ。

住宅を守りたいなら個人再生

埼玉での借金返済に悩み解決する手段として個人再生という方法もあります。

こちらは任意整理とは違い、裁判所を介し法的に借金減額を行う債務整理の一つで、
特徴としては住宅を守れるという点です。

住宅ローン特則を利用することで自己破産では処分されてしまうはずの住宅を保有したまま、
そのほかの債務を減らすことができます。

法的な手続きでもあり最大9割にも及ぶ大幅な減額が可能ですが、
個人再生を行えるかどうかは今後安定した収入が見込めるかどうかなどの条件があります。

また、個人再生を申し立てるには弁護士に再生計画を作成してもらう必要があります。

いずれにしても、住宅ローン保有者には有効な手立てともいえるので、
細かい説明を含め弁護士に相談することで解決に向かうでしょう。

自己破産で新たな人生をスタート

任意整理では返済できないほど借金が膨らんでしまった場合に行う債務整理の一つを自己破産と言います。

裁判所で自己破産の手続きを行うことで借金の支払いを免除してもらえますよ。

借金は帳消しになりますが不動産や金融資産などの財産を処分する必要があり、
手続き中は会社役員になれないなどの制限事項もあります。

そのため、借金返済に困った際の最終的な手段と言えるでしょう。

手続きは地方裁判所で行い資産がない場合は手続き期間が短くて済みます。

埼玉で借金返済に悩み自分での解決が難しくなってしまった場合、
自己破産が必要かどうかも含め弁護士に相談することが先決でしょう。

自己破産することで様々な制限を受けることはありますが新しい人生をスタートするための手段とも言えますね。