三重で債務整理するなら借金専門の弁護士に

弁護士に手続きを依頼した自己破産しました(女性/20代)

女性/20代私は過去に借金を抱えたことがあるのですが、
少額だったのですぐに返済できるという安易な考えでいました。

しかし、返済を先延ばしにすると利子率が高かったこともあり、かなりの負担になりました。
その負担を解消するために、まずは債務整理をすることを考えました。

幸い三重県では債務整理を専門に行っている弁護士事務所が多く存在したので、
非常に安心できました。

債務整理で重要になってくるのは、どのくらい減額できるかということです。
消費者金融から借入している場合は、それなりに利子率が高いため過払い金の恐れもあります。

また、弁護士に相談する時は借用証明書が必要になります。

借り始めてから現在までの期間を洗い出して、借金の額を把握していくわけですが私の場合は300万円ほどありました。
そこからどういった形で借金整理すればいいかを考えた時に、一番適していたのが自己破産でした。

自己破産は家や車などの家財をすべて売却する代わりに借金をゼロにするという方法です。

苦渋の決断でしたが、借金を減らすためには必要なことだったので仕方なかったと思います。
今では借金もなくなり負担もなくなり、身軽な気持ちで新しいスタートが切れそうです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

債務整理は適切な選択と弁護士選びがポイント

債務整理とは?

三重でも借金の相談は増えており、債務整理を考える人は珍しくありません。債務整理にも色々あります。

CMなどでも良く聞かれる過払い金請求も広い意味では債務整理に当たります。

ちょっと違うのは、過払い金の場合は現在残っている借金だけでなく、
既に完済している場合も可能であるということです。

返済は済んでいるものの、金利の利率が高かったものや返済期間が長期に及んだものがあれば見直してみるのも大切です。

仮に現在返済中の借金がある場合には、完済した分の過払い金である程度の返済に充当できる場合もあるからです。
過払い金以外には、任意整理、個人再生、自己破産が挙げられます。

任意整理は金利部分を減額または免除してもらいます。過払い金との違いは借金の残金のみが対象になることです。

個人再生は借金を5分の1に減額してもらえます。そして自己破産は全額が免除になるものです。

債務整理の選択の仕方は?

色々ある方法の中から、過払い金以外ではどの債務整理を選択するかは総額や経済状況を考慮します。

まず、金利が高い傾向にあり、元金だけなら完済が可能な場合は任意整理がおすすめです。
これは3年~5年で完済していくのが前提になるため、一定収入が見込めることも条件となります。

金利を減額しても完済が難しい場合には個人再生が適切です。

これは全体を5分の1に減額するもので裁判所の許可が必要です。
こちらも3年~5年の返済期間になりますが、かなり減額になることで負担は相当軽くなります。

そして、総額がかなりあり失業など完済が困難な場合には全額が免除になる自己破産が一番です。

いずれも実行後の5年程度はクレジットが利用できないなどの規制があります。
しかし、返済を楽になるため三重でも踏み切る人は多いものです。

弁護士の探し方とポイントは?

債務整理をする場合は、弁護士に依頼するのが一般的な方法です。

債権者との交渉が必要なものも多いだけでなく、個人再生や自己破産に関しては
裁判所に申し立てをする必要があるのも理由の一つです。

三重でも債務整理をする人が増えていることから、借金問題に力を入れる弁護士事務所は増えています。

無料相談を行っている機関もあるので、上手に利用してまずは
自分がどの債務整理に適しているか見てもらう必要があります。

弁護士はインターネットで口コミサイトなどを参考にしながら探すことも可能です。

評判や実績などを同時に見ることもできるので便利です。
無料相談を行っている機関でももちろん紹介をしてもらうことができます。

借金トラブルや債務整理に特化した事務所を探しましょう。