800万円の借金返済のためにやったこと

起業に失敗して800万円の負債を背負いました(男性/30代)

男性/30代半年前に会社を退職し、銀行カードローンで資金を用意して、
インターネットビジネスの会社を起業しました。

初めのうちは、なかなかに好調でした。
しかし、恥ずかしい話ですが、私はこの業界についてまだかなり知識不足だったのです。

半年もすると、しだいに無駄な在庫が目立つようになってきました。

それでも、ユーザーが飛びつきそうなものに次から次へ手を出します。
会社は私一人で切り盛りしていたので、売上重視の経営スタイルを止めてくれる人は周りに誰もいませんでした。

事態の重さに気づいた時には、もう手遅れでした。私は起業を甘く見ていました。

銀行カードローンで借りた資金が底を尽きたので、
いくつもの消費者金融業者から借金をして、支払いにあててしまいました。

冷静に考えると、「借金返済のあてもないのに、なぜそんなことをしてしまったのだろう……」と不思議でなりません。

こうして作った借金は総額800万円にまで膨らみました
それでも、事業に失敗したのが恥ずかしくて、誰にも相談できません。

それからはひたすらネットサーフィンをして、起業に失敗した人のブログを読み漁っていました。

そこになにか解決策があるのではないかと探していたところ、
あるブログに債務整理について書かれているのを見つけたのです。

私はどうにか借金返済をしたい一心で、法律事務所で弁護士に相談することにしました。

そして現在は、債務整理の手続きを進めています。
身の回りに相談できる人がいなかったので、不安が解消されたのは本当に大きかったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角相談所-法律-

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

弁護士に依頼するためにはどうすればいいの?

いきなり弁護士と連絡を取ると言われると、戸惑う方が多いのではないでしょうか。

実際に私も弁護士とアポを取ると、それだけで高いお金を取られそうなイメージがありました……。
しかし、今はお金に困っている人向けに、債務整理の無料相談を行っている法律事務所が数多くあるのです。

今ある借金がどれくらい減るのか、まずは無料相談で債務整理についてお話を聞いてみてはいかがですか。

いきなり電話するのに抵抗があるという方や事務所に行くのに緊張するという方は、
初めはメールで借金返済の相談してみてもいいでしょう。

弁護士の先生は、これまでに何人ものお金に困っている人を債務整理した経験の持ち主です。

今思えば、自分もそれほど恥ずかしがらずにもっと早く相談に行っても良かったのかもしれません。

800万円の借金でも債務整理できるの?

私は事業に失敗したことで、800万円という多額の借金を背負ってしまいました。

通常、債務整理では「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という4つの方法のいずれかで借金を整理します。
私は弁護士と話し合った結果、この中でも「個人再生」という方法で債務整理をすることに決めました。

なぜなら、個人再生は借金の総額が大きいほど金額を抑えることができるからです。

個人再生とは、2001年から始まった新しい債務整理の方法です。
個人再生では借金の総額の20%を3年で分割返済することによって、残りの金額を支払いう責任がなくなります。

ただし、この制度を使えるのは借金が5000万円以下の人に限ります。

手続きに時間がかかるのが難点ですが、大幅に金額がダウンするということで私にとってはメリットが感じられたのです。

個人再生のデメリットは?

個人再生のデメリットは、手続きに時間がかかることの他にブラックリストに載ってしまうということがあります。

ブラックリストに載る”というのは、「信用情報機関」に、個人再生をしたという情報が載ってしまうことを指します。

ここに「私が債務整理をしました」という記録が残されることにより、
その後クレジットカード・カードローン・キャッシングなどの利用ができなくなるのです。

少しお買い物には不便になるかもしれませんね。

しかし、こんなに借金で痛い目を見たのに、これからまたカードローンやキャッシングを使うことはないだろう……
と思っていますし、とりわけ不便を感じることはありません。