過払い金を利用した借金返済術について

8年以上も借金をしていた私が完済しました(女性/40代)

女性/40代かつての私は過払い金についての正しい知識がなく、
200万円の借金と介護が必要な義母を抱えて苦しんでいました。

特に夫が不景気の影響で減給された時には、夫と私の給料を合わせても苦しい状況に陥り、借金を返済するためのお金を複数の業者から借りなければならないほど追いつめられていました。

業者に借金を猶予してもらう寸前まで利息が膨れ上がり、
200万円だった借金は360万円まで増えました。

トータルで月に11万円返さなければならないことになり、義母の介護に月6万円もの費用が
かかることも合わさって、非常に苦しかったのを今でも鮮明に覚えています。

そんな時、近場で評判の法律事務所に借金の相談をしてみることにしました。

すると、正しい利子で計算した場合、借金をしていた6件の業者のうち、2件への借金は既に返済終了、
残りの4件のうち2件も過払い金の返却によってすぐに返済できることが分かったのです。

慌てて過払い金の返却を要求し、4件の借金返済を済ませました。

そのおかげで360万円の借金は100万円まで減りました。
返済は月に5万円と無理なく返済できるペースになり、今では無事に借金とは無縁の生活を送っています。

あれだけ苦しんでいた借金が無くなるなんて、弁護士さんにはとても感謝しています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

過払い金という方法

借金生活からの脱出

一度消費者金融に借金をすると、金利が高いのでなかなか完済に至りません。

元本の部分まで返済しないかぎり利息が次々に生じるので借金が膨らんでいきます。
返済が遅れて利息が元本に組み入れられたら借金はさらに増えていきます。

このため、軽い気持ちでお金を借りたら借金生活から抜け出せなくなったという人もいるでしょう。

早く借金返済して平穏な日常を取り戻したいと願っても十分なお金がないと困難です。
でも、長年消費者金融に返済を続けてきた場合は、実は借金返済のお金を用意できる可能性があります。

過払い金と呼ばれるお金がないか確認
してみましょう。

過払い金は本来、返済する必要がなかったお金です。消費者金融に返還を要求すれば取り戻すことが可能です。

過払い金を手に入れて借金の返済に充てれば借金生活から抜け出せるかもしれません。

平成22年以前の借金

過払い金は平成22年以前の借金に生じている可能性があります。

この年に貸金業法が改正されるまでは消費者金融はグレーゾーン金利というものを取っていました。
これ以前の貸金業法では借りる金額にもよりますが、年15%から20%を超える金利を取ることを禁止していました。

しかし、罰則がないので実際はこれ以上の金利を取ることが常態化していたのです。

消費者金融は貸金業法で規制されていた以上、出資法で規制されていた年29.2%未満の金利を付けるのが一般的でした。
この部分の金利がグレーゾーン金利にあたります。

グレーゾーン金利部分に払ったお金は過払い金と呼ばれ消費者金融から取り戻すことができます。

長年払い続けていればかなりの金額になりますので、現在の借金返済に充てるのにも十分かもしれません。
平成22年より前の借金履歴を見なおしてみましょう。

専門家に依頼

平成22年以前の借金の記録が手元に残っていないという場合もあるかもしれません。

そんな時は弁護士や司法書士に相談しましょう。消費者金融に借金履歴を照会してくれます。
自分で消費者金融に尋ねることも不可能ではないのですが、必ず回答が得られるとは限りません。

専門家の助力を仰いだほうが無難です。

借金履歴から過払い金の存在がわかった人も、弁護士や司法書士に返還交渉を依頼したほうが良いです。

返還交渉はある程度法律の知識がないと困難な面があります。プロに任せたほうが安心です。
費用が払えないので依頼できないという人もいるかもしれませんが、後払いが可能な弁護士や司法書士もいます。

過払い金を手に入れてから費用を払えば良いので、現在手元にお金がなくても依頼可能です。

過払い金を手に入れて借金返済につなげましょう。