借金返済ができない時には減額してもらえる?

将来利息を減額してもらいました(男性/30代)

男性/30代以前、複数のカード会社からの借入総額が200万円を超えてしまい、
月々の返済が利息しか入金できないという困った状態に陥ってしまいました。

当然、利息のみの返済では元金が減らず、借りては返しの繰り返しの悪循環になります。

200万円を5年で返済しようとすると、利息を含め
350万円近くの返済額が必要になり、途方に暮れていました。

借金返済を考えた場合、利息を含めた総返済額で借金を考えなければ支払不能になってしまいかねません。

とはいえ、日々の生活に追われると、元金の返済まで気が回らない状態でもありました。
このままでは返済しても終わりが見えないので、なんとかしようと弁護士に債務整理を依頼することにしました。

家計の見直しを相談したところ、将来利息を減額してもらうかカットしてもらい、
元金返済で業者と交渉してもらえることになりました。

借りては返しての繰り返しから、毎月一定の金額を借金返済に充てていくことで、
生活の立て直しが可能になり、気持ちが本当に楽になりました。

利息カットの交渉は自分で業者に話しても応じてもらえなかったので、弁護士に相談して良かったです。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金返済が難しい場合には債務整理という方法がある

合法的に借金を減額してもらえる手段がある

借金返済をいくら行っても全然減らない。

そんな悩みをお持ちの方は法律で規定された借金減額方法である債務整理を選択肢に入れてみると良いでしょう。
債務整理を行うと利息の免除から借金全額の免除まで、ご自分の状況に合わせて借金減額を認めてもらことが可能です。

もちろん、借りたお金を返さないということですから、社会的な制裁がないというとウソになります。

債務整理を行うと金融機関の情報では「ブラックリスト」として扱われてしまうのが最大のデメリットです。

一度ブラックリストに登録されてしまうと、5年~10年程度は
金融機関からお金を借りることができなくなってしまうのです。

その他のデメリットとしては借金に保証人がついている場合にはその保証人に対して迷惑をかけてしまう
(保証人に対して借金の請求が行く)ということもあります。

債務整理で取り立てが即時ストップ?

借金返済がうまくできていないという方の場合、毎日消費者金融から電話がかかってきていて、
精神的にまいっているという方も少なくないのではないでしょうか。

金融機関の担当者は入れ替わり立ち代り電話などをかけてくるので、複数の借り入れ先から借金があるという方の場合には
一日中電話が鳴っているという状況になってしまっている人も多いでしょう。

債務整理を行うことのメリットは、もちろん借金の減額をしてもらえることが最大のものですが、
弁護士などの専門家に依頼を行った時点でこうした取り立てがストップするということもあります。

専門家から「受任通知」が債権者側に出されると、債権者側は即時に取り立てをストップしなければならない
というルールが貸金業法という法律で定められているのです。

債務整理で借金を減額してもらう3つの方法

債務整理で借金返済の負担を減らす方法としては3つがあります。

1つ目は任意整理で、裁判所などを通さずに債権者側と直接交渉を行って借金減額を認めてもらう方法です。

任意整理を行うと利息を免除してもらう(過去の利息の未払い分や遅延損害金だけではなく、
将来的に発生する利息についても免除)という形で交渉がまとめることが多いです。

ただ、せっかく減額してもらうなら、元本部分も減らしたいと考えている方も多いかもしれません。

その場合は個人再生や自己破産を選ぶという方法があります。
個人再生は借金を5分の1程度まで、自己破産は借金全額を免除してもらえる方法です。

個人再生はマイホームを所有している場合に、住宅ローンを支払い続けることを条件として
住宅ローン以外の借金を減額してもらえます。