借金返済をするなら、まずメール相談から

膨らんでしまった学生時代の借金。それも1回のメール相談で解決へ(男性/20代)

男性/20代私の実家には金銭的な余裕がなく、大学進学が決まった際も、
親からは「学費は出してやれない」と最初から言われていました。

そのため、地方から上京したあとはバイトと奨学金、そして学生ローンを自分で組み、
高額な授業料をなんとかまかなっていました。

学生生活は、日々生活していくお金を捻出するので精一杯です。

深夜の居酒屋バイトで、次の日は寝不足でふらふらになりながら大学に行く日もありましたが、
そんな私もついに卒業まであと1年程度というところまでこぎつけました。

ところが、就活をしているうちに気づいたのは、
新入社員の給料では奨学金の返済だけでもいっぱいいっぱいだということです。

学生ローンで作った借金をどうにかできないものか――私のように借金返済に苦しんでいる学生は
世の中にたくさんいるでしょうし、救いの手があるはずだと思ったのです。

そんな私が見つけたのは、都内の法律事務所のメール相談でした。

電話では少し抵抗があっても、メールなら気軽に相談できる点に魅力を感じました。
さっそく自分の現在の状況や借金額などを書いてメールしたところ、すぐに詳細を打ち合わせすることに決まったのです。

こうして後日、弁護士の先生から債務整理について教えていただきました

あの時メール相談をしたおかげで、返済の道筋がつきました。
現在では借金のことに頭を悩ませることなく、目の前の就職活動に集中して向き合えています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

メールでも借金返済の相談ができるのでしょうか?

多くの弁護士事務所は、借金返済の解決の有効な債務整理の相談にメールで応じています。

もちろん、相談だけなら無料です。

実際に対面すると緊張して上手く話せない人でも、メールであれば慎重に言葉を選び、
考えをまとめたうえで相談できるので、より正確な情報を伝えることにつながります。

時間がとれず忙しい方にもオススメの相談方法です。

また、メールだと事務所へ足を運ぶより負担も少なく手間も省け、短時間で済ませることができます。
メール相談だけなら無料ですので、複数の事務所に相談を依頼してみましょう。

相談する相手が異なれば、提案される方法も異なります。

数ある選択肢の中から自分にとって1番合う方法を選び、納得いくかたちで借金問題の解決を図るといいでしょう。

学生でも、債務整理で借金の返済ができるのでしょうか?

私も最初は不安だったのですが、学生という理由で債務整理を断られる心配はありません。

債務整理の目的は、借金を返しやすい状況を作ることです。
そのため、借金の理由や利用者の職業などは関係ありません。

立場がどんな人でも、「債務整理をすることで破産することなく借金返済ができる」と認められれば、
弁護士から債務整理を勧められるでしょう。

借金の総額がそれほど大きくない学生であれば、任意整理を選択することになるでしょう。

任意整理をすれば、利息カットなど大きなメリットも生まれます。
月々の利息を支払わなくて済むだけでも生活がだいぶ楽になり、完済も近づくでしょう。

返済能力に乏しい学生だからこそ、債務整理で早めの解決を探ることが勧められます。

そこそこ法律に詳しいので、自分で債務整理をやろうと思うのですが、無理ですか?

債務整理は多少法律に詳しいくらいでは、とても個人の力量でやるのは難しいといえます。

法律の知識に加え、煩雑な手続きをこなす事務能力、債権者との交渉を有利に進めるためのテクニック、
仕事や学業生活と並行して作業をこなす気力とバイタリティなどが求められます。

そして、債権者との交渉に失敗して利息カットができなくなれば、全ての努力が水の泡となってしまいますよね。

個人の力でチャレンジして、結果が伴わなかった時のリスクを考えれば、自力で債務整理に挑むのは危険といえます。
ここは無理をせず、代行料を払ってでも弁護士に依頼しましょう。

もし過払い金などがあれば、そこか代行料を支払うこともできます。