借金返済したいならまずは弁護士に相談するべき

勇気を持って相談すれば人生は変わる(女性/30代)

女性/30代私はいたって普通の主婦です。

2人の子供には習い事をさせていましたが、特に贅沢をしていたわけではありません。

しかし、ほんの少し生活費が足りなくなった時、主人や実家には相談できず、安易な気持ちで消費者金融から借りてしまったのがきっかけで、数枚のカードを持ち歩く生活になりました。

違う会社で借りては別の会社に返しての連続で、
いつまでたっても元金が減らず返済は一向に進みませんでした。

なんとか生活費を切り詰めれば返せると思い、一人で頑張っていたのですが、
主人が「マイホームが欲しい」と言い出したのがきっかけで、借金の秘密を隠していることが難しくなったのです。

思い切って打ち明けると、主人はとにかく法律の専門家に相談しようと言ってくれました。

すぐにインターネットで信頼できそうな弁護士事務所を探し、借金を返済したい旨を伝えました。

正直まさか自分が借金でこんな状況になってしまうなんて思わず、恥ずかしい気持ちでいっぱいでしたが、
担当してくださった弁護士の方はとても親身になって解決方法を調べてくれました。

そして、任意整理をすることでだいぶ借金が減るとアドバイス頂き、
その日は安心してぐっすり眠ることができました。

マイホームの夢は少し遠のきましたが、家族で穏やかに過ごせることがどんなに幸せか、改めて感じています。
相談するのがもう少し遅かったら、状況はもっと悪い方に変わっていたと思います。

ほんの少しの勇気で、私は救われたと思っています。

借金の悩みをスッキリ解決するなら

街角法律相談所

街角法律相談所
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

借金問題はまずは専門家に相談してみよう

自力で借金問題を解決できない時は専門家に

最近の傾向として、キャッシングなどの融資サービスを提供している消費者金融が増えており、
様々な職業形態の人が手軽に借金できるようになっています。

融資を受けるための審査ではひと昔前の会社員だけではなく、アルバイトやパート、
派遣社員や主婦などの人が借り入れできるものが増えており、一定の収入がある人であれば融資が実行されます。

手軽に借り入れができる反面、計画的に融資サービスを利用しなければ、
気付いた時には毎月の返済金額が膨らんでしまうということは珍しくありません。

複数の消費者金融から借り入れをしている時には、
借金返済したいと思っていても難しくなってしまうことが考えられます。

自力で借金返済したいと感じても難しい状態であれば、
早めに弁護士などの専門家が所属している法律事務所に相談することが大切です。

債務整理の専門家の弁護士に状況を説明しよう

様々なトラブルについて相談を受け付けている法律事務所は数多く存在していますが、
消費者金融からの借金について相談をしたい時には、債務整理の手続きを取り扱っている事務所を選ぶ必要があります。

弁護士などの法律家はそれぞれに得意分野を持っているものですので、
債務整理を得意としている法律事務所であれば、借金問題の相談を行えます。

借金返済したいと考えていても、抱えている借金額や収入額によっては債務整理の手続きを進めたほうが良い場合もあり、
弁護士に状況を説明することによってどのような解決法が適切なのかアドバイスを受けることができます。

借金額が多額な状況になっている時は、債務者がほとんど収入を得ていない時には、
債務整理の中でも自己破産を選択することになります。

借金の解決方法として自己破産があります

弁護士の判断によって最適な方法が自己破産であるとわかった時には、
正式に依頼をすることで手続きを進めてもらえます。

自己破産をするには地方裁判所に申し立てをする必要があり、申し立てをしただけでは借金問題は解決しません。

その後に債務者の返済能力について判断が行われて、借金返済したいと考えていても
返済能力が無いことが認められることで、抱えている借金の全額について返済義務を免除してもらうことができます。

自己破産が成立してからは、一切消費者金融などの業者に返済をしなくても済みますので、
自分の得ている収入はすべて自分の生活のために活用できます。

ただし、自己破産をすることによって現金や資産の大半は処分する必要がありますので、
その点について十分に把握しておくことが大切です。